スタッフブログ

2013年7月19日 金曜日

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法に基づき自動車の運行による人身事故の被害者を救済するために、すべての自動車について契約することが義務づけられている強制保険です。
被害者保護の立場から保障制度的な要素が強く、また、たくさんの請求を迅速かつ公平に処理する必要性からなり定型・定額化された支払の基準が定められています。

もし自賠責保険を契約しないで自動車を運行すると、刑事罰として1年以下の懲役または50万円以下の罰金および行政罰として免許停止等が科せられてしまいます、

また、自賠責保険は被害者に基本的な保障をするための保険なので、任意保険のような過失相殺はしません。重大な過失(7割以上被害者が悪いとき)に対して傷害事故の場合は2割減額します。しかし、100%被害者に責任がある場合(加害者は無過失)には強制保険でも支払は不可能と通知してきます。なので、3ヶ月以上たってから通知を受け治療も終了していて困ることはあります。そういう場合はそれから遡って健保や労災の手続きをしなくてはならないので、はじめに事故状況をよく聞いて、どう見ても相手が無過失と思われるときは患者様にも自賠責調査事務所に問い合わせてもらい、はじめから健康保険で扱うこともあります。

自賠責保険の障害に使える120万円は治療費、休業補償費、慰謝料、その他雑費等に当てられていて、先に請求した順に支払われ、必ずしも治療費は優先されていないので注意して下さい。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院