スタッフブログ

2013年8月 1日 木曜日

「治療費打ち切り」と言われたら...

治療を続けていて、患者さんが損害保険会社さんから
「治療費打ち切り」と言われる事があります。
交通事故で怪我をさせられ、治療に通っているのにもかかわらず、
任意保険会社から一方的に「一般的にはもう治っている時期なので、
今月で治療費の支払いを終了します。」といった内容の
電話がかかってきたりすることもあります。
しかし、これは任意保険会社が勝手に判断しているだけのことです。
「これ以上治療を続けてはいけない」という強制的なものではありません。

そして、このような連絡があった際には、担当の先生とよく話し合い、
治療効果があがっているのであれば、治療は継続すべきでしょう。
被害者としては、まず怪我を治すことを最優先し、
治療に専念するのが懸命です。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院