スタッフブログ

2013年9月12日 木曜日

示談について

示談とは、加害者と被害者が裁判をせずに、話し合いによって賠償責任の有無や金額を決定することです。交通事故の賠償問題の9割以上が示談で解決しています。
示談交渉するのは、被害者と加害者ですが、加害者が任意保険に入っている場合、保険会社の示談担当者が交渉を行うことになります。現在販売されている多くの自動車保険に示談代行が付いています。
・示談交渉のポイント
1. 事故に関する本やサイトを見て研究する
2. 交渉に必要な書類を準備する。
3. 恐れずに自分の意見を主張する
4. 感情的にならずに冷静に対処する
5. 納得がいくまで何度でも話し合う
6. 示談を急かされても無理に応じない
7. 相手に押し切られて示談に応じない
何度も示談交渉したことがある人なら別ですが、多くの人が初めてのことでしょうから、示談交渉で何を交渉するのかもわからないと思います。軽いケガ や物損事故であればまだ良いのですが、後遺症が残るような事故や死亡事故の場合、損害賠償額も高額になりますので、示談は慎重に行わなければなりません。
相手が示談交渉に慣れた保険会社の示談担当者の場合、相手の言われるがままに示談に応じてしまう人もいますが、通常は相手から提示される損害賠償額は、自賠責保険や任意保険の基準になっているため、低く設定されています。
なお、刑事裁判が発生するような死傷事故の場合、刑を軽くするために示談が成立しているかがポイントになります。そのため、加害者側から早く示談に 応じるような働きかけがあるかもしれませんが、相手の都合に合わせる必要はありませんので、冷静に提示されている額を見極めましょう。
ある程度の知識がないと損害賠償額が低いのかという判断ができませんが、相手の押しに負けて良くわからないまま示談に応じないようにしましょう。自分で判断するのが難しい場合は、弁護士や交通事故相談センターなどに相談するのが良いと思います。

世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院