スタッフブログ

2013年11月14日 木曜日

加害者への損害賠償請求の期限

損害賠償請求権については,権利を行使せずに一定の期間を経過すると,その権利が時効により消滅(消滅時効)してしまい,被害者はその損害を回復することができなくなります。
 損害賠償を請求していく場合,主に消滅時効が問題となるのは【1】加害者に対する損害賠償請求権,【2】自賠責保険会社に対する損害賠償額の請求権が考えられますので,以下に説明します。
1.加害者に対する損害賠償請求権
「損害及び加害者を知った時」から3年で,時効により消滅してしまいます(民法724条)。通常であれば,傷害部分については事故日から 3年,後遺障害部分については症状固定時より3年間で,請求権が時効消滅してしまう可能性があります。なお,加害者が判明しない場合であっても,交通事故 のときから20年を経過してしまうと,やはり損害賠償請求権は消滅してしまいます(除斥期間)。時効を中断し,権利を保全するためには,裁判上の請求など の手段を取る必要があります。
2.自賠責保険会社に対する損害賠償額の請求権
 自賠責保険では,被害者が加害者の加入している自賠責保険会社に対し,直接に被害者請求または仮渡金の請求をすることができますが,こ れらの請求権は原則として交通事故があった日から2年以内です。なお,2010年4月1日以降に発生した事故については3年と改正されています。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院