スタッフブログ

2014年2月 7日 金曜日

交通事故の後のトラブルを防ぐためのメモ

以前ブログに交通事故現場は証拠保全が重要と書かせて頂きましたが、人は予期せぬハプニングなどに遭遇するとパニック状態になり、冷静なときとは違った考えや態度をしてしまいがちになります。
それは交通事故にも大いに当てはまることで、とくに事故原因が加害者の過失による部分が大きい場合は、事故直後は過失を素直に認めるものの、時間が経てばまったく真逆のような強気な言動に豹変することも珍しくありません。
そこで、このようなことでトラブルに発展するのを防ぐためにメモを残すことをおすすめします。
手帳やメモ帳と筆記用具を持ち歩くことは、オン、オフに限らずいざというときにとても便利ですし、携帯電話やボイスレコーダーも同等の役割を果たしてくれると思います。
ちなみに交通事故の際の記録(メモ)でもっとも大切なのは事故直後のやりとりです。
押さえておきたい具体的なポイントは、警察による状況説明および担当者名を含む連絡先、保険会社による状況説明と過失割合など、そして加害者および被害者双方の証言も含まれますが、とくに加害者の証言はその後トラブルに発展した際に大切な証拠になるので忘れずにとっておきましょう。
また、人身事故の場合は医師に症状や治療法などの説明も聞いてメモしておくようにしましょう。
なお、メモを残す上で気をつけたいのが「事実を正確に残す」こと。たとえそれにより自分が不利になるようなことでも、事実をありのままに記す方が自分にとっても有利なはずです。
さらに記録の延長として、事故に関連する出費があった際の領収書は交通費なども含めてすべてとっておくことも忘れないようにしましょう。

世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 スタッフ募集

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院