スタッフブログ

2014年2月27日 木曜日

交通事故治療の際、健康保険を使う事のデメリットについて

参考
日本医師会HPより
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20120208_3.pdf
日本医師会の主張

(1)原則として健康保険は自分の為にかけている保険。
自賠責保険は被害者救済の為にかけている保険なので、まずは自賠責保険から使う事が原則。

また健康保険を使った治療は国民の健康を守るための最低限の治療なので、
手厚い保障を受けられない可能性がある。

(2)健康保険を使うと、
後遺症診断書の作成が医師の義務でなくなるので
医師に後遺症診断書の作成をしてもらえなくなる可能性がある。

・・・上記の理由から、
健康保険を安易に使い治療費を抑えることが「患者さんのメリットに繋がるわけではない」ことは明白です。
「病院が高い治療費を請求したいから、健康保険の使用を認めないのだ。」
という主張をしている法律家も、いまだにいるようですが、
「より多くの賠償金を取る」という発想に基づいた医療軽視の可能性が高いです。

健康保険を使うことでのデメリットもあるしケースバイケースなのです。
医療費を抑えて、満足な治療が受けられず、もしも後遺症などが残ってしまったら患者さんは果たして満足なのでしょうか?
またもしも後遺症が残ってしまった際、医師に診断書を書いてもらえず申請ができなくても
その患者さんは本当に良いのでしょうか?

甚だ疑問です。

交通事故後の治療で何かお困りの際は安易に自己判断されること無く早めに相談されることをオススメします。
様々な治療方法のご提案が出来ますので必ずやお困りの方のお役に立てるはずです


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 スタッフ募集

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院