スタッフブログ

2014年3月28日 金曜日

交通事故被害者によくみられる精神的反応part1

(1) 急性期にみられやすい反応
◦ 麻痺、ショック、否認、解離
 特に、事故の直後にこのような症状が見られます。被害者は、事故のときは平静だったとか、現実とは思えない、悪い夢を見ているようだ、信じられないというような発言をすることがあります。
 これはあまりにショックな出来事の際には物事を受け入れられなかったり、感覚や感情の麻痺が起こるためです。これは、耐え難い出来事に対する心の防衛反応の一つと考えられています。また、しばしば「解離」と呼ばれる精神症状が表れることがあります。
 解離とは、その人の意識や記憶、知覚、自分であるという同一性の感覚など、通常一つの人格として統合されている機能が破綻してしまい、一部が切り離されてしまうものです。例えば、事故についての記憶が失われたり(解離性健忘)、感情が麻痺した感じや現実ではない感じ、実際には事故はなかったように感じるなどの症状として表れます。
 特に、事故直後の解離は「トラウマ期解離(peritraumatic dissociation)」と言われ、以下のような症状がみられます。
• 事故時の時間間隔の変化(時間が遅く感じたり、逆に早く感じられる)
• 夢の中のような現実でない感覚
• 現場の状況から浮き上がっているような感覚
• 空白の時間がある
• 自動操縦のように行動している
• 自分の体から切り離された感覚、あるいはいつもと違うように体が感じられる(自分の体が変に大きく感じられる)
• 事故の最中起こったことについて、普段なら気づいているようなことに気づいていない
• 混乱していて自分や他の人に何が起こったのか理解できない
• 身体にケガをしているにもかかわらず痛みを感じない
 このような症状は一過性であることが多いですが、長期化する場合もあります。解離が出現するのは、事故の程度がひどい場合が多いです。また、急性期に解離がみられた人では、その後PTSDを発症する率が高いといわれています。
 こういう時の被害者は、ボーっとして見えたり、表情がなく、話しかけられてもきちんとした応答ができないこともあります。他方、一見非常に落ち着いて見え、 テキパキと対応する被害者や遺族もいます。これは、実際にはショックで感情が麻痺しているためなのですが、しばしば周囲からは"冷たい"あるいは"しっかりしているから大丈夫"と誤解され、ケアされなかったり、非難されて二次被害となることもあります。
 感覚の麻痺が起こると、痛覚を感じにくいことがあり、ケガをしていてもあまり痛みを訴えないことがあります。空腹や寒さなどに対する感覚も鈍くなり、ほとんど食事をとらなかったり、寒いのに薄着のままでいたりするので、周囲が気をつけてあげる必要が十分にあるのでよくみてあげましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 スタッフ募集

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院