スタッフブログ

2014年4月24日 木曜日

交通事故死傷者の状況と受傷状況の分析

まずは交通事故死傷者について、男女別、年齢別、事故の状態別にました(平成15年と一部、平成14年の値を用いています)。

男女別
交通事故による死者数を男女別に見ると、男性が68.5%、女性が31.5%と、男性のほうが多く、自動車運転中や二輪車運転中の死者に占める男性の割合が高いことが、この理由となっています。歩行中の死者について男女別年齢層別に見ると、75歳以上の女性が多いそうです。
なお、負傷者(全体)については、男性が55.8%(65万人)、女性が44.2%(52万人)であり、死者数に比較すると男女に大きな差はみられませんでした。

年齢層別
交通事故による死者数を年齢層別にみると、65歳以上の高齢者が最も多く、次に16歳~24歳の若者、50~59歳が多くなっています。
なお、負傷者について年齢層別にその人口比(10万人当たり)をみると、20歳~24歳(1840.1)が最も高く、次いで16歳~19歳(1584.1)において高いです。

事故の状態別
交通事故による生命・身体の被害のうち、死者の約57%、負傷者の約77%が自動車乗車中や二輪車・原付乗車中の事故です。いわゆる交通弱者といわれる歩行者や自転車乗車中の割合は、死者では約43%、負傷者では約23%であり、死者に占める歩行者や自転車乗車中の人の割合は低くありません。

歩行中や自転車乗車中の事故による死者数は、高齢者で高くなる傾向にある。これは自動車乗車中や自動二輪乗車中の死傷者数が、10代後半から20代前半の層で高いのとは対照的です。
一方、負傷者は子供や若年層も高い。高齢者の歩行中や自転車乗車中の事故が若年層よりも死につながりやすいことを示す結果となっています。

加害者の法令違反別
死亡事故について、運転者の違反別に見ると、脇見運転(915件)がもっとも多く、次いで漫然運転(910件)、最高速度違反(883件)の順に多いです(平成15年)。

次に受傷状況です。
交通事故の被害者の受傷部位では、頸部の受傷が圧倒的に多いが、死亡者では頭顔部、後遺症では頭顔部、頸部及び歌詞の受傷が目立ちます。また、死亡率と後遺症率が最も高いのは腹部の受傷者となっています。

因みに、被害者数を受傷部位別にみると頚部の受傷者が圧倒的に多く、被害者総数の約46%を占めてると言われています。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院