スタッフブログ

2014年6月26日 木曜日

保険会社と示談交渉する時の3つの心構え

① 保険会社を恐れない
保険会社の担当者が出てくるということは、当然ながら加害者が任意保険に加入しているということになります。加入していなければ自賠責の支払いだけで、それ以上のときは、加害者との直接交渉になるため、加害者に支払う能力がない場合、支払ってもらえない可能性も出てきます。そう考えると、任意保険に入っていれば、正しいプロセスを踏み、正当な賠償金を請求すれば満額とはいかなくとも、それに近い賠償金を支払ってもらえる可能性が高く、保険会社は恐れる存在ではないのです。

② 冷静は最大の武器である
何事も「冷静は最大の武器」となりますが、特に示談交渉についてはそう思います。そもそも、交通事故被害者が怒っているとき、だいたいにおいて不安からくるものが多く、示談交渉のプロである保険会社の担当者に自分がいいようにされてしまわないか常に恐れています。しかし、それは、「知らない」から不安なだけなのです。「わからない」から怖いのです。示談交渉がどのようなものなのか、相手がどのように攻めてくるのかを知れば、「きっと次は◯◯と言ってくる」などと、わりと冷静でいることができ、保険会社の担当者に罵詈雑言を浴びせることもないでしょう。相手はプロです。これまでに様々な交通事故被害者を相手にしてきていますので、こちらが怒鳴ったところで、怯むことはありませんので怒り損となり、事故のストレ スは増大するだけなのです。冷静でいることで、相手の狙いや、想定している妥協点を予測できます。また、仮に相手がいわゆる「反則行為」をしてきたとしても、きちんと反論できるのです。1日でも早い円満解決を目指して、常に冷静でいられるよう心がけましょう。

③ 保険会社の言いなりにならない
これは、妥当な賠償額を勝ちとるためには当然のことです。特に1回目に保険会社の提示してくる金額というのは、だいたいにおいて「妥当な賠償額」よりもかなり低いと言わざるを得ません。また、相手を見て賠償額を増減するケースも散見されます。
だからといって、ゴネれば良いというものではありませんので、勘違いされないようにして下さい。示談交渉はお互いがゴネ合うことではありません。ゴネて賠償金額がアップするのであれば、そんなに簡単なことはありませんし、そんなことをしていては保険会社の経営は成り立ちません。
ここで2つほど、交渉の鉄則をお教えしましょう。
その2つとは...
「交渉は多くを語った方が不利になる」
「切り札の存在は最後まで明かさない」  です。
特に、2つ目の「切り札の存在は最後まで明かさない」ですが、これはたとえば「モラルなき担当者」がいわゆる「反則技」を使ってきたときに最大の効果を発揮します。そして、「切り札」のもっとも上手な使い方は、「切り札を持っている」ということを最後の最後まで内緒にしておくことなのです。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院