スタッフブログ

2014年6月27日 金曜日

夏は飲酒運転に注意(ケース・スタディ)

以前書いた夏は飲酒運転に注意のケース・スタディ編です。
「まぁ大丈夫」と軽い気持ちで飲酒運転したせいで事故を起こすケースは後を絶たちません。
それでは少し複雑なケースについて考えてみましょう。次のような場合、自賠責保険や任意保険による支払いを受けることができるのでしょうか?

ある日、友人とお酒を飲みに行ったAさん。お酒に弱いAさんは、愛車を近くの駐車場にとめておいて電車で帰る予定でした。ところが、思いのほか盛り上がってしまったAさんは、終電を逃してしまいます。

一緒に飲んでいたBさんは、お酒にはめっぽう強く、顔色ひとつ変えていません。「代わりに運転して行こうか?」Bさんに言われたAさんは、「大した距離でもないし、Bさんも大丈夫そうだな......」と、Bさんに運転をお願いして、愛車で帰ることにしました。

ところが運悪く、Bさんは帰り道で飛び出してきた猫を避けて、道路わきの電柱に激突してしまったのです。

幸い2人とも命に別状はありませんでしたが、救急車で病院に運ばれて、そのまま揃って入院することになりました。また、Aさんの愛車は大破して「全損」となってしまいました(まだローンが残っているのに......)。
自賠責保険からの支払いは?
このケースでは、2人とも自賠責保険による保険金の支払いを受けることができません。Bさんは飲酒運転の張本人ですし、Aさんは自分に対する賠償義務が発生しませんので、自分名義の自賠責保険を使うことができないからです。
任意保険からの支払いは?
任意保険から保険金が支払われるかどうかは、Aさん、Bさんで異なります。

■Aさんの場合
対人賠償から保険金は受け取れません。ただ、搭乗者となるため搭乗者傷害保険は支払いの対象となりそうです。人身傷害補償はケガの原因が「故意または重過 失」の場合には保険金の支払いを受けることができないため、飲酒運転を認めているこのケースではちょっと難しいかもしれません。自損事故保険に関しては、保険会社で判断が分かれるところだと思われます。

愛車の損害については、車両保険からの支払いを受けることができません。愛車を失ったAさんは残ったローンを自腹で支払い続けなければならないことになります。ちなみに他人の持ち物である電柱の修理代は対物賠償保険で補償されます。

■Bさんの場合
飲酒運転の張本人であるため、対人賠償はもちろん、搭乗者傷害保険、自損事故保険、人身傷害補償などから補償を受けることはできません(免責事由に従います)。

なお以上の判断は、個別のケースと保険会社によって異なってきますので、実際にこのような状況に陥ってしまったら、加入している保険会社に相談してください。

くれぐれも「飲んだら乗るな!」を忘れないでくださいね。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院