スタッフブログ

2014年10月31日 金曜日

なぜ、交通事故にあうと腰痛が起きるのか?

交通事故の接触追突事故などの急激な外部からの力により脊椎骨盤がゆがんで腰痛が発生します。また交通事故のショックによる精神的ストレスによっても発症することもあります。
交通事故の腰痛で1番考えられることは背骨のゆがみです。
背骨は骨盤の上に積み木の様にのっており、それらを筋肉が支えています。背骨がゆがむと、背骨を支えている筋肉に負担がかかり、血液の循環が悪くなってしまい、筋肉が固まり、コリとして感じられます。
また、腰椎にかかる負担(力)が片寄ったり強くなると、神経を圧迫ししびれを引き起こします。
特に交通事故から直ぐに腰痛の治療をせずに腰痛を放置しておいた患者さんは、長時間イスに座ることや、日常生活やお仕事で、無意識に片寄った姿勢や動作等をくりかえして行くことにより背骨に過度の負担を掛けることにより脊椎骨盤がゆがんでしまい、症状がより悪化します。

[交通事故による腰痛を放置してはいけない]
交通事故が原因の腰痛は適切な治療が行われない限り、数ヶ月後・数年後に痛みが再発する可能性、即ち、後遺症が残って痛みがぶり返す可能性があります。
その原因は正しく脊椎骨盤の配列が治っていなかった事により起きています。
腰痛による痛みが緩和されなければ、仕事や生活もままならず、精神的にも辛い思いをする事態に追い込まれます。交通事故を原因とする腰痛の場合、治療が長期間に及ぶと保険会社ともめることもなきにしもあらずです。
交通事故での腰痛はしっかり完治させておかないと、生涯痛みが消えない恐れもあります。軽度の痛みだから、と油断していると、後遺症が残ったり再発の危険性があるので、要注意です。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院