スタッフブログ

2015年2月19日 木曜日

損害賠償にも時効がある

交通事故に際しても、損害賠償請求権には時効があります。
一般的には「被害者またはその法定代理人が交通事故による加害者及び損害を知った日」
つまり交通事故に遭った時から3年、または交通事故より20年で時効が成立します。
また、「自賠責保険の被害者請求権」は、平成22年4月1日より、消滅時効が2年から3年に変更となりました。
示談交渉を続けていたり、訴訟継続中であったりしても、自賠責保険への被害者請求権は時効が進行していきます。
時効を中断するためには、自賠責保険金の被害者請求をしてしまうか、又は時効中断申請書を自賠責保険会社に提出するという方法もあります。
時効中断申請書は1部に署名押印し、送れば、自賠責保険会社側で新しい時効完成日を記入し、受付印を押して、1部に返送してくれます。

世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院