スタッフブログ

2015年3月 7日 土曜日

なくそう!子供も交通事故!

こんにちは( ´ ▽ ` )
最近日中は暖かくなってきましたね!
それに伴い、花粉のせいで整骨院のメンバ-はみんな辛そうですw
さて、今週の交通事故ブログは子供についてです(^ ^)

子供の交通事故で多いのは、
○道路横断中
○自宅付近
○夕方の時間帯
○自転車の事故
○小学生の男子児童
自転車では、交差点での安全確認が不十分なことや一時停止しなかったことが原因になっています。また、歩行中では飛び出しが原因になることが多くなっています。

・歩く時の約束
1.道路を渡るときは横断歩道を渡りましょう。
2.信号が赤の時は止まり、青の時は右と左をよく見て、車がいないかを確かめてから渡りましょう。
3.道路を横断中も、右と左をよく見て、車が来ていないかを確かめましょう。
4.道路や車のそばでは、遊ばないようにしましょう。
5.道路には飛び出さないようにしましょう。

・自転車に乗るときの約束
1.自転車は、車道通行が原則です。
子ども(13歳未満)が自転車に乗るときは、歩道を走ることができます。
*大人(13歳以上)が自転車で歩道を通れるのは、標識などがある場合と車道を通るのが危険な場合です。
ただし、70歳以上の人と身体の不自由な人も、子供と同じように歩道を通ることができます。

2.歩道では、車道寄りをゆっくり進みましょう。
*歩行者が多いときは、自転車からおりて、押して歩きましょう。

3.交通ル-ルを守りましょう。
・二人乗りをしてはいけません。
・自転車で並んで走ることはやめましょう。
・周りが暗くなったら、かならずライトをつけましょう。
・信号を守りしょう。

4.ヘリメットをしっかりかぶりましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院