スタッフブログ

2015年6月 5日 金曜日

自転車との事故が多く見られるパターン

6月になりいよいよ梅雨ですね。
前回自転車の法改正について書かせていただきましたが、今回は車と自転車との事故で多く見られるパターンをご紹介したいと思います。


1 . 見通しの悪い交差点で、一時停止を無視して交差点に進入した自転車と衝突
 見通しの悪い交差点を通行中、一時停止の標識を自転車が無視して進入してきたため に出会い頭に衝突する事故パターンです。自転車利用者のなかには歩行者と同じ感覚で「一時停止の必要はない」と思っていたり、「いつも車は来ないから」などと一時停止を無視する人がいます。一方、ドライバーは、「相手(自転車)も一時停止するもの」と思っていることから事故が起きます。

 

2 . 左折の際に左からの自転車と衝突
 車が幹線道路へ左折進入しようとしたときに、自転車が左から歩道を進行してきて衝突する事故パターンです。自転車運転者は歩道走行中は安全との意識が強くその延長からか、「車が自分を見つけて停止し進路を譲ってくれる」と思っていま す。一方、ドライバー側からは(右ハンドルの場合は)左側が見にくく、さらに、右からの車両に気を取られていることから自転車に気づくのが遅れ事故になってしまうものです。
 


3 . 道路横断のため自転車が急に進路を変更してきて衝突
 前方にいる自転車を追い越そうとしたとき、自転車が後方の安全を確認せずに急に進 路を変更して自車の前に出てきて、衝突してしまうものです。自転車運転者は、後方から車が来ていても「自分に進路を譲ってくれる」と思っています。一方、 ドライバーは「自転車はそのまま直進する」と思って追い抜こうとするため事故が起きます。


自転車も大きなくくりとしては車です。ルールをしっかり守って運転をしないと大変なことになるので気をつけましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院