スタッフブログ

2015年7月31日 金曜日

夏の交通事故防止

いよいよ本格的な夏がやって来ます。夏休みの時期は、イベントや旅行など外出の機会が増えるもの。ちょっとした油断で、楽しい行事が悲しい思い出とならないよう、次のことに注意しましょう。

1・旅行の計画はゆとりをもって!
レジャーシーズンは道路が大変混雑します。計画を立てるときには、事前に地図やインターネットなどで行き先までの交通状況を十分に調べておきましょう。
また、交通渋滞に巻き込まれることも予測して、時間的に無理のない余裕のある計画を立てておきましょう。

2・運転にもゆとりが大切!
交通渋滞により道路が混雑すると気分的にイライラしがちですが、決して焦らずゆとりのある運転を心がけましょう。また、旅行などでは、運転が長時間・長距離にわたることがあり、特に帰りには疲れが溜まってきますので、あまり無理をせず、早めに休憩をとるようにしましょう。

3・子どもの事故に気をつけましょう!
夏休みには、子ども達の外出機会が増えます。子ども達が出かける前に、「交通事故に気をつけて」と一声かけるなど、家庭でも注意してください。また、車を運転する時は、子ども達の動きに十分注意し、思いやりと早めのブレーキを心がけましょう。

4・夜間も注意が必要です!
夏祭りや花火大会など、夏は夜に外出する機会が増えてきます。夜間に出かけるときは、運転者が早く気づくよう、夜光タスキなどの反射材を着用しましょう。また、運転者も、視界が悪くなる夕暮れ時から夜間には、早めのライト点灯と上向きライトへのこまめな切り替えで、危険を早期に発見していきましょう。

5・飲んだら乗ってはいけません!
飲酒運転にお酒の量や乗る距離は関係ありません。地域の夏祭りなどでお酒を飲んだら、車の運転は絶対にやめましょう。また、周りの人にもみんなで注意して、絶対に飲酒運転させないようにしましょう。

【飲酒運転4(し)ない、3(さ)せない運動】

6・安全運転それは自転車も同じです!
天気のいい日は、自転車で外出という方も多いと思いますが、自転車も車です。油断すると大きな事故を引き起こしかねません。自動車、歩行者に注意して、必ずルールを守って運転しましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院