スタッフブログ

2016年1月15日 金曜日

カーブでの安全運転

今週に入り寒さが増してきている気がしますね。来週はもっと寒いらしいですが...
さて今回はカーブでの安全運転についてです。

意外と多いのがカーブでの事故。

カーブで事故の原因の大半が速度調整を誤ったために起こる、センターラインオーバーの接触事故やガードレールとの接触事故です。

カーブではご存知の通り遠心力が働きます。遠心力は速度が速ければ速いほど、カーブの半径が小さければ小さいほど、車の重量が重ければ重いほど大きくなりますよね。遠心力が働くと、車体や運転手はカーブとは反対側に押し出されます。

カーブでの運転の基本は遠心力を考え、カーブの手前の直線でオーバーランしない速度まで減速し、カーブ進入後はアクセルを踏み一定の速度で走り抜けることですが、これとは反対の運転をしている人をよく見かけます。

つまり、カーブ進入直前まで速度を調整せず、カーブ進入後にブレーキを踏み減速して速度調整する人です。このタイプだと、走行ラインやスピードを間違えやすくセンターラインを超えて危険な運転になりやすいですし、不測の事態が起きた場合対応することが難しくなるので、重大な事故につながりやすい。急カーブではなおさらです。

右カーブと左カーブでは、視界や走行注意事項など違いもあります。

通常、急カーブで無いかぎり右カーブは左カーブより見通しがきくので、カーブ手前の減速が遅れやすい。見通しがきくのでカーブをショートカットしてしまい、センターラインを超えてしまいやすい。

左カーブの場合は、もちろんセンターラインを超えて反対車線に飛び出しやすい。特に左カーブの場合は、見通しも悪く速度調整を失敗しセンターラインをはみ出し対向車などが来てしまうような不測の事態が起きた場合、急ハンドル、急ブレーキをかけてしまい重大な事故につながる。

またカーブの場合は人間の視界や運転姿勢が直進道路を走行しているよりも微妙にずれていることもあり自動車操作を誤りやすい。

あと気をつけたいのが横転事故です。とくに背の高い自動車RV車やトラック、重量を多く積載している自動車などは気をつけるべきです。

カーブ走行は上記で説明した基本走行を守って走行することです。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院