スタッフブログ

2016年2月19日 金曜日

交通事故の損害賠償をする人が知らないと損をする5つのことpart4の続き

おはようございます。
今回は前回の続きからです。

ケース3.被害者「医師が症状固定と判断したため、治療費の支給を打ち切られた。残りの治療費は請求できないの?」

治療中にこれ以上治療してもよくなる見込みがないと判断されることを「症状固定」といいます。中には保険会社から「症状固定ですから打ち切ります」という連絡がくることもあるようです。しかし、症状固定は保険会社の判断で決めるものではありません。

また医師から症状固定を提案されても、まだ痛みが残っている場合には治療を続行したい旨の意向を示すべきです。医師は患者の意向も踏まえて症状固定の有無を判断することになりますので、医師と現在の症状についてよく話し合うことが大切です。

なお、治療費が打ち切られたとしても健康保険を利用することが可能ですので、「交通事故で健康保険は使えます|保険会社と示談する時の心得」の内容を参考に健康保険を使って治療費を抑えることも検討してみてください。

治療費がストップしても支払い再開の交渉が可能
保険会社から治療費の支払いが止まってしまうと、「もう治療費の請求はできない」と泣き寝入りしてしまうケースもあるようです。

しかし、医師から「治療の継続が必要である」旨の診断書が提出されれば治療費の支払い再開を交渉することは可能です。ただし、必ずしも保険会社との交渉がスムーズにいかない可能性もありますので、その場合、法律の知識や交通事故に関する専門家へ相談することをおすすめします。

休業損害も受け取れなくなる
治療費を一方的に打ち切られてしまった場合、病院でかかる治療費は一時的に自費となってしまいます。また、休業補償を受け取っている場合には、治療費の打ち切りと同時にこちらも止まってしまうのが通常ですので、経済的なダメージは被害者にとってかなり大きなものと考えられます。

このような一方的打切りは、通常は数ヶ月で治るとされるむち打ちや捻挫などの場合に多く発生します。一方的な打切りにより致し方なく治療をあきらめた場合であっても、これをそのまま放置すると「被害者ももう治療する必要はないと判断した」と評価されてしまう可能性があります。

そのため、少しでも打切りに納得がいかない場合、医師の診断書を取得するなどしたうえで、保険会社に対して治療継続の必要性を主張するべきでしょう。

ケース4.被害者「直進していたところ、車線変更をしてきた合流車が突っ込んできた。保険会社から動いている車同士で過失割合が100はないと言われたが納得がいかない。」

交通事故の損害賠償は相手の過失割合(自分の過失分)によって変化します。しかし、保険会社同士の交渉は双方に過失があるということが前提となっています。

そのため、「過失は0です。100パーセントの補償金を支払ってほしい」と主張する場合は、自分の保険会社に助けを求めることはできず、自ら交渉する必要がでてきます。

相手の過失割合×損害額=もらえるお金

過失割合に応じてもらえるお金には違いがあります。たとえば自分の損害額が100万円で相手の過失が8割、自分の過失が2割だったと仮定しましょう。

この場合、相手に請求できる金額は、【 8割×100万円=80万円 】となります。

要するに、交通事故について自分にも過失がある場合、過失割合分の損害は自分で負担しなければならないということです。このような過失相当分の損害の分担を「過失相殺」といいます。人身事故の場合、損害額自体が多額となりがちですので、双方の過失割合によってかなり大きな金額が変動することになると考えていいでしょう。

過失割合は事故態様によって決まる
過失割合は、一般的に、判例タイムズ社が発行している『民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定』(通称 判例タイムズ)で公表されている基準を基に判断されます。これは事故態様毎に過失割合について評価する基準ですので、過失割合の判断には事故態様が最も重要と言えます。

そして、人身事故の場合、事故態様を証明する最適な証拠は警察作成の実況見分調書です。したがって、交通事故にあい、怪我をしたら、どんあに軽傷でも必ず警察を呼んで実況見分を行ってもらうことが、被害者の身を守ることになると覚えておきましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院