スタッフブログ

2016年3月25日 金曜日

飲酒運転の車にひかれた場合、保険金は貰えるのか

こんにちは。近所の小学校が卒業式をやっていて、昔を思い出したスタッフOです(笑)
さて今回は、飲酒運転の車にひかれたけど保険金は貰えるのかについてです。

車にひかれただけでも不幸なのに、相手が飲酒運転だったと分かったら怒りも倍増すると思いますが、損害賠償金(保険金)については、飲酒運転の車でも受け取ることができます。

車の保険は、強制保険の自賠責保険と任意保険がありますが、自賠責保険からの保険金と任意保険の対人賠償、対物賠償から保険金を受け取ることができます。ただ、加害者が任意保険に入っていなかったということになると、加害者に対して損害賠償請求することになりますので、大きな額を受け取るのは難しいかもしれません。

被害にあった人が自動車保険の人身傷害補償保険に入っていた場合には、無保険車との事故でも自分の保険から保険金を受け取ることができます。人身傷害補償保険は、車に乗っている時の事故だけではなく、歩行中の自動車事故などの際にも補償されます。

飲酒運転を起こしてしまった場合には、相手に対する補償は行われますが、自分に対する補償は行われませんので、車両保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害補償保険に入っていても補償は行われません。お酒を飲んで運転した自分が悪いので当然ですね。

飲酒運転の罰則が厳しくなり、飲酒運転で死傷事故を起こした場合に危険運転致死傷罪が適用されると、最高で20年の有期刑になります。飲酒運転はそれだけで罪になりますし、事故を起こした場合には人生が終わる可能性もありますので、アルコールを摂取した時には車に乗っては行けません。

なお、アルコールではなく薬物使用の場合も被害者は補償され、加害者は補償されません。

飲んだら乗るな!これをお忘れなく!


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院