スタッフブログ

2013年7月26日 金曜日

任意保険とは、

法によってつける事を強制されてない、つまり加入するかどうかは本人次第の自動車保険で、いくつかの種類がありますが内容は大きく分けて対人事故に対する保険と対物事故に対する保険になります。

まず対人事故に対する保険について
人身事故が起きた場合、自賠責保険によって被害者の損害が最低限度補償されています。しかし、自賠責保険ではまかなえない損害がある場合に、このまかなえない超過額を補償するのが対人賠償責任保険です。
つまり、任意保険の対人賠償責任保険は自賠責保険の上積み保険ということです。

対人賠償責任保険では、保険契約された自動車(被保険自動車)を
・所有していることによって
・使用していることによって
・管理していることによって
他人の生命または身体を害することにより、被保険者が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金が支払われます。

対人賠償責任保険では、自動車事故を起こして、歩行中、自動車乗車中の人、相手の車に乗っている人や自分の車に乗っている他人に怪我を負わせたり、死亡させたりしたことによって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

保険金は自賠責保険で支払われる保険金を超える部分について、加入保険金額を限度に支払われます。この金額は、被害者1名あたりの支払い限度額を設定しています。
ですから、1回の事故で被害者が何人いたとしても、被害者各々について、1名あたりの限度額まで保険金が支払われます。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年7月24日 水曜日

交通事故に遭ったとき、なにをすべきか?!

① ケガ人の救護と道路上の危険防止措置
交通事故の初動で大切なことは二次災害を防ぐことです。
負傷者がいた場合、軽傷なら安全な場所へ、重症なら速やかに救急車を呼びます。

② 警察へ連絡
警察の連絡を怠ると、損害保険会社に保険金を請求する際に必要となる
「交通事故証明書」が発行されません。

③ 加害者と加害車両の確認
・加害者の名前、住所、自宅と携帯番号
・自動車のナンバー
・(可能であれば)自賠責保険や任意保険の保険会社

④ 実況見分調書は冷静に
警察が来ると「実況見分調書」の作成が行われます。
ここで大切なことは冷静に対応するということ。
たとえ、相手が事実と違うことをいってきたとしても、決して感情的にならず
冷静に訂正し、事実を警察官に伝えましょう。

⑤ 自分の保険会社に事故の連絡
自分が加入している自動車の損害保険会社にも交通事故の遭ったことを
連絡してください。
連絡をしないと保険金の支払いが受けられなくなる場合があります。

⑥ 外傷がなくても必ず病院へ
事故直後、痛みを感じなくても後日痛みだすことがあります。
また、診断書および治療にかかった費用の領収書もすべて保存しておいてください。
これは、後日の示談の際に必要となります。
ちなみに、むち打ち症の場合も整骨院では診断書に代わる
「施術証明書」を発行できますので、申し出てください。




交通事故による衝撃は計り知れないものです。
たとえ目に見えない軽い症状でも後に深刻な後遺症を招く恐れがあります。
当院では、あなたの身体の詳細な症状と今後の十分な対策や方法とをしっかりと説明いたしますのでご安心下さい。

相手側の保険会社が医療機関をすすめてくる事がありますが、
必ずしも行く必要はありません。
ご自身で受診したい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

☆治療する医療機関の選択権は患者様にあり、自由です!!



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年7月19日 金曜日

自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法に基づき自動車の運行による人身事故の被害者を救済するために、すべての自動車について契約することが義務づけられている強制保険です。
被害者保護の立場から保障制度的な要素が強く、また、たくさんの請求を迅速かつ公平に処理する必要性からなり定型・定額化された支払の基準が定められています。

もし自賠責保険を契約しないで自動車を運行すると、刑事罰として1年以下の懲役または50万円以下の罰金および行政罰として免許停止等が科せられてしまいます、

また、自賠責保険は被害者に基本的な保障をするための保険なので、任意保険のような過失相殺はしません。重大な過失(7割以上被害者が悪いとき)に対して傷害事故の場合は2割減額します。しかし、100%被害者に責任がある場合(加害者は無過失)には強制保険でも支払は不可能と通知してきます。なので、3ヶ月以上たってから通知を受け治療も終了していて困ることはあります。そういう場合はそれから遡って健保や労災の手続きをしなくてはならないので、はじめに事故状況をよく聞いて、どう見ても相手が無過失と思われるときは患者様にも自賠責調査事務所に問い合わせてもらい、はじめから健康保険で扱うこともあります。

自賠責保険の障害に使える120万円は治療費、休業補償費、慰謝料、その他雑費等に当てられていて、先に請求した順に支払われ、必ずしも治療費は優先されていないので注意して下さい。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年7月18日 木曜日

むち打ち症は早期治療が大切!

これは症状が軽度の方に多いのですが、むち打ち症は放置しておいても
自然に治ると思っている方がいます。
しかし、むち打ち症の特徴は、特に軽い事故だと受傷直後の検査では異常無しと診断されたり、自覚症状も無かったのに、2~3日後から症状が現れ、だんだんと痛みが強くなることが特徴として挙げられます。
また、無意識に慢性化させてしまったむち打ち症は、自然回復することが難しく
原因不明の痛みとして様々な症状に悩まされ続けることになるのです。

だからこそ、交通事故にあった場合は首に衝撃を受けていなくても必ず病院での
画像検査と整骨院などで検査を受けて下さい。

皆様に繰り返し伝えるのは、正しくむち打ち治療を行っていれば、数か月で
完治していたかもしれないのに...という事例を数多く見てきたからであり、
たとえば「うつ病」と診断された患者さんの場合は、長い年月、薬を服用し続ける生活を送ることになってしまいました。
それは決して体に良いこととは言えません。

こうしたことにならないためにも、むち打ちの治療は正しい専門家の下で受けて下さい。
それが早期回復の近道となるのです。




世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年7月12日 金曜日

整骨院でも交通事故の治療が出来るのか?

この間、友達に整骨院でも交通事故の治療が出来るのと質問されましたが、同じように疑問に思っている方も結構いらっしゃると思います。

答えとしては治療ができます。

むち打ち等から起こる症状の多くは筋肉の問題や腱・靭帯の損傷、椎間関節の捻挫などによるものなので、手技や電気治療などできちんと対応してくれる所(接骨院・整骨院)で治療を受けていただいた方が回復は早くなります。

また、事故直後に受診した病院でしか治療を受けられないと思っている方も多いようですが、接骨院・整骨院は柔道整復師という国家資格を有する医療機関なので自賠責保険の適用も認められているので治療を受けることができます。

ただ、保険会社や担当者によっては整形外科しか認めないようなことを言う場合もあるようですが、どこで治療を受けるかは患者さまご自身で決めることなので保険会社が決めることではありません。

万が一、保険会社との交渉が難しいようでしたらご相談下さい。保険会社と患者さまの間に入って、やり取りの代行などもサポートさせて頂きます。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL