スタッフブログ

2013年8月12日 月曜日

転院について、

交通事故に、遭われた方は、病院や、整骨院など自分が納得するまで、
選ぶ権利があります。自分が納得しない治療を続けていても、
回復が遅くなったり、慢性の原因になります。
また、整形外科と整骨院と両方通われても問題ありません。
転院の仕方は、簡単です。
保険会社さんに、違う治療院に行きたいと言って頂ければ大丈夫です
治りが遅かったり、不安がある人は、是非当院の無料施術体験をためしてみて下さい。
おまちしております。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年8月 9日 金曜日

対人賠償責任保険で保険金が支払われない場合とは

対人賠償責任保険では、次のような事由によって生じた損害に対しては、保険金が支払われません。

・保険契約者、被保険者の故意によって生じた損害
・戦争、武力行使、暴動、内乱などによって生じた損害
・台風、津波、地震等の自然災害によって生じた損害
・核燃料物質などによって生じた損害

また、次のいずれかに該当する者が死亡または負傷しても保険金は支払われません。
1. 記名被保険者(保険証記載の被保険者)
2. 被保険自動車を運転中の者またはその父母、配偶者もしくは子
3. 被保険者の父母、配偶者または子
4. 被保険者の業務(家事を除く)に従事中の使用人
ただし、上記の方が被害者となった場合、労災事故とみなされます。このような事故は労使間の賠償問題であり、労災保険の適応範囲としています。
5. 被保険者の使用者の業務に従事中の他の使用人(ただし、被保険者が被保険自動車をその使用者の業務に使用している場合に限る)
ただし、上記の方が被害者となった場合、記名被保険者および被保険自動車の所有者がいずれも個人の場合は、同僚災害担保(補償)特約によって補償されます。

最後に、誤解を招きやすい点ですが、酒気帯び運転、無免許運転による事故のときでも、対人賠償責任保険の保険金は支払われます。これは、対人賠償責任保険が酒気帯び運転や無免許運転をするような悪質なドライバーを保護するためのものではなく、損害を受けた被害者を救済するためのものだからなのです。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年8月 8日 木曜日

物損事故と人身事故について

【物損事故】
交通事故に関わった人に怪我がなく、自動車のみが損傷した場合は物損事故になります。
しかし、現実的には比較的軽い交通事故に関しては物損事故扱いになってきます。
少し首が痛いなどは物損事故として進められるのです。

【人身事故】
人身事故について、事故に関わった人が怪我、もしくは死亡した場合は人身事故扱いになります。
物損事故でも書きましたが、軽い怪我の場合は物損事故として扱われます。
治療開始する際、物損事故から人身事故に切り替えることで十分な保証を受けることが可能になります!

【物損事故から人身事故の切り替えについて】
まずは病院で診断を受け、診断書をもらって下さい。
その診断書を警察へ提出していただければ人身事故への切り替えの手続きは進んでいきます。
※注意していただきたいのが病院の受診が事故から経ちすぎると診断書を書いていただけない場合があります※


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年8月 3日 土曜日

対人賠償責任保険の被保険者と他人

対人賠償責任保険の被保険者(保険の補償を受ける人の事)とは、次のいずれかに該当される方になります。

・保険証に記載されている被保険者様

・被保険自動車を使用または管理中の次のいずれかに該当される方
  ◦記名被保険者の配偶者(を含む内縁)
 ◦記名保険者またはその同居の親族
 ◦記名保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

・記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用または管理中の者
 ※ただし、自動車修理業、陸送業、運転代行業など自動車を取り扱うことを業としている方が業務として受諾した被保険自動車を使用または管理している間は除かれます。

・記名被保険者の使用者(請負契約、委託契約またはこれらに類似の契約に基づき記名被保険者の使用者に準ずる地位にあるものを含みます)
 ※ただし、記名被保険者が被保険自動車をその使用者の業務に使用している場合に限ります。

次に、対人賠償責任保険における他人とは
対人賠償責任保険でいう他人は自賠責保険でいう他人とは少し違い、夫婦や親子など家族
は他人に該当しません。家族などは事故の被害者であった場合でも、対人賠償責任では支
払いの対象にならないので保険金は支払われません。これは、夫婦間や親子間は経済的に
同一範囲であるとみなされ、一般的に損害賠償は適切でないと解釈されているので対象に
はならないとされています。

たとえば、Aさんが自分の車を運転中に、母親であるBさんをひいて死亡させてしまった
場合、Bさんの夫であるAさんの父親やその他の家族が、Aさんに対して損害賠償を求め
ることは社会的に一般的でないとみなされ、保険金の支払いは除外されていますので、
家族は対人賠償責任の他人にはならないのです。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2013年8月 1日 木曜日

「治療費打ち切り」と言われたら...

治療を続けていて、患者さんが損害保険会社さんから
「治療費打ち切り」と言われる事があります。
交通事故で怪我をさせられ、治療に通っているのにもかかわらず、
任意保険会社から一方的に「一般的にはもう治っている時期なので、
今月で治療費の支払いを終了します。」といった内容の
電話がかかってきたりすることもあります。
しかし、これは任意保険会社が勝手に判断しているだけのことです。
「これ以上治療を続けてはいけない」という強制的なものではありません。

そして、このような連絡があった際には、担当の先生とよく話し合い、
治療効果があがっているのであれば、治療は継続すべきでしょう。
被害者としては、まず怪我を治すことを最優先し、
治療に専念するのが懸命です。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL