スタッフブログ

2014年5月23日 金曜日

交通事故で多いパターン

道路と車と人が複雑に交わる交差点とその付近は、最も事故の起こりやすい場所であり、毎年人身事故の約6割、死亡事故の約4~5割が発生しています。
交差点とその付近における人身事故を類型別にみると(平成18 年版交通統計/交通事故総合分析センター)、「出会い頭衝突」「追突」「右折時衝突」の3つで7割以上を占めており、この傾向は過去数年間ほとんど変わっていません。
そこで、この3つの事故パターンを取り上げ原因と対策について考えてみましょう。
今回は出会い頭衝突と追突についてです。

出会い頭衝突
交差点で最も多い事故パターンは「出会い頭衝突」であり、特に信号機のない交差点では「出会い頭衝突」が過半数を占めています。「出会い頭衝突」は一時停止による安全確認が不十分であることが大きな原因と考えられますが、その要因としては「車や自転車は出てこないだろう」という思い込みや「止まる のが面倒だ」という意識があげられます。
したがって、「出会い頭衝突」を防止するには、常に「車や自転車が出てくるかもしれない」と予測して、まずしっかり止まる、そして確実に左右の安全確認を行う、この基本を遵守することが最も重要なポイントになります。

追突
追突にはさまざまなパターンがありますが、典型的なものとして、次の2つのケースがあげられます。
(1)赤信号や黄信号で停止している車への追突
赤信号で停止した車への追突は、信号の見落としによるものが大半と考えられます。その原因としては、脇見運転や考え事などによる漫然運転があげられます。 一方、黄信号で停止した車への追突は、信号の見落としというよりも、「前車は停止せずに交差点に進入するはずだ」という「思い込み」によるものが大半と考 えられます。
実際、黄信号に変わると減速するよりも加速して強引に交差点に進入しようとする車が少なくありません。
したがって、交差点に接近したときは信号を確認するとともに、黄信号になった場合は交差点に接近していて交差点手前で安全な停止ができない場合(後続車に追突されるおそれがあるような場合)を除いて、徐々に減速し停止する必要があります。

(2)右左折のため停止した車への追突
前車の動きに注意を払わず右左折の合図を見落としたり、前車との車間距離を十分にとっていなかったことなどが大きな原因と考えられます。したがって、交差点に接近したときは、前車の動向によく注意をするとともに、前車が右左折の合図を出したときは停止するかもしれないと予測して、スピードを落とし車間距離をとる必要があります。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 スタッフ募集
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年5月22日 木曜日

安心と安全の違い

突然ですが安全と安心の違いはなんだと思いますか?
仮に、運転者は「自分は絶対交通事故は起こさない」と思っているが、周囲は「あいつは危なくて交通事故を起こしそうだ」と思っているという場合があります。

これが安全と安心の差だと思います。
つまり、安全とは自分が思うことで、安心とは皆が感じることではないでしょうか?
安全は安心の一部分であり、しかも自分さえ良ければという考えでは、安心は確保できないと考えています。
安全は、文字通り「危なくないさま」という意味です。
安全の反対は危険ですから、危険を取り除けば安全になります。
安心とは、「物事が安全・完全で他人に不安を感じさせないこと」の意味です。
安心の反対は不安ですから、人の心の不安を取り除いて初めて安心となります。
つまり安全確保が良く最優先に言われていますが、同時に安心確保も行なうべきだと思います。安全運転と同時に安心運転もお願いします


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
むちうち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 スタッフ募集
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年5月15日 木曜日

交通事故は全身治療が重要!

交通事故のむち打ち症は首の不調をただ治せば楽になるというわけにはいきません。
首の治療だけをしても症状は改善しないことが多く、全体的な姿勢バランスや矯正が必要になります。 首の状態が悪くなるということは、全身のバランスが崩れて症状がなかなか良くならない原因にもなります。 そうすると、身体全体のバランスを整えながら首の治療をすることが非常に重要になってくるのです。
全身治療をせずに首の治療だけをして放っておいてしまうと頭痛やめまい、吐き気、集中力の低下、腕のしびれ、体のだるさを感じるなどの後遺症が残ってしまいます。
しかくぼ整骨院では全身のバランスを整えるための矯正治療や、全体的な姿勢バランスを整えるためのストレッチ施術を行い、またその後の自宅で出来るストレッチ方法や 生活指導なども行っております。
また、出来るだけ早期に全身を施術できれば早く治癒できます。早い方なら約2週間ほどで症状が改善され、その後細部の微調整やメンテナンスをしていき身体を以前よりも良いコンディションに近づけます。
この早期の施術ができなかった場合、1年以上も症状に悩まされる場合もあり、そこから施術を行っても早期に施術した場合と比較すると治療期間にかなりの差が出てきてしまいます。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープ、がハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年5月15日 木曜日

リサーチとは?

リサーチという言葉は一般的には研究する・調査するという意味ですが、交通事故の際に使用されているリサーチとは保険会社から損害調査を依頼された社外調査機関の調査員の事を言います。損保リサーチ(仮称)等という会社組織のものと一人で事務所を構えているリサーチもいるようです。

このリサーチが問題なのは、単に調査する事でなく、医療機関と単価の切り下げ交渉をしたり、患者様に健保切替えを迫ったりして圧力をかけることです。

最近では少なくなっていますが、患者様の家に上がり何時間も居座ったり、患者様の職場に押しかける、また医院の受付や待合室でお医者様を罵ったり、診療室の中で居座りお医者様が自分の要求(健保切替え・単価の値下げ・治療打切り等)をのむまで動かない、面会時間以外に病室に入りこみ患者様を脅迫するなど、犯罪すれすれのことを行うことがあります。

また、リサーチが承認しなければ保険会社からお金は出ないと断言したり、自分が保険会社から全権を委任されているなどと言います。
法律や保険手続きを知らない者とすれば、強制保険まで彼らの言う事をきかなければ使えないかのように錯覚します。

そして、リサーチはまず過失割合について嘘といえるような話をします。
例えば、8:2(患者様に2割しか過失がない)のときでも5;5(患者様にも5割の過失がある)といって、その過失割合を患者様に承知させるのです。さらに、強制保険も初めから過失相殺が行われるとだますことがあります。(強制保険は重過失・・7割以上の場合に減額されるが、被害者救済の立場から原則として過失相殺は行わない)。例えば50万円治療費がかかれば5割(25万円)は自分で払わなければならなくなると患者様に嘘をつきます。慰謝料も残り少なくなるので治療費は健保で行うのが一番良いと患者様を説得してきます。

この様なことがあるのでわからないことなどがありましたら気軽にご相談下さい。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年5月 9日 金曜日

交通事故のむち打ちと耳鳴り・めまいの関係

交通事故後にめまいや耳鳴りで悩まされる方は多いです。原因はどういうところから来るのでしょうか。
そもそも交通事故自体に強烈な非日常感があり、ダメージを受けてしまうとそれは、肉体的にも精神的にも強烈に残ります。傷がなく大きな外傷が無かったとしても、「目に見えない症状」として痛烈に残ってしまう事例は多いのです。
これがむち打ちなどの症状になったり、耳鳴りやめまいといった症状として現れます。
現代医学を持ってしてでも、耳鳴りやめまいの原因特定は難しいとされ、解明されにくいことが多いです。また、病院ごとに診察結果が異なったりすることもあり、実際にはっきりとした要因を見つけることが難しい症状です。
耳鳴り・めまいとむち打ち
交通事故後のむち打ちが原因で発生してしまう耳鳴りやめまいの症状の1つに、「バレ・リュウ型」のむち打ちという症状があり、主に交通事故後に 発生する耳鳴りやめまいはこう呼ばれることが多いです。耳鳴りやめまいだけならまだしも、酷くなると頭痛や吐き気なども伴ってしまう厄介な症状の一つです。
「バレ・リュウ型」のむち打ちが発生する主な原因として、頚椎の神経や交感神経の緊張が起こることが原因とされ、椎骨動脈の萎縮が起こることで 発生します。「バレ・リュウ型」のむち打ちは脳の底部にも血液障害を起こしてしまいますし、この症状自体判別しにくいので、患ってしまったところですぐには要因が特定できないこともあります。
耳鳴りとめまいは一緒に発生することもあれば、耳鳴りだけ、めまいだけで発症することもあるし、両方同時に発生したにも関わらず要因が全く異なる事もあります。これは体質や事故のケースなどで変わってきます。
一般的な耳鳴りの要因としては、側頭部の骨折や、外リンパ、中耳の異常や内耳震(振)盪なども考えられます。これらは、「バレ・リュウ型」のむち打ち以外の耳鳴りの要因です。

耳鳴りの種類によっては、時折他人の耳にも届いてしまうほど強烈な症状があるようです。ここまで来ると確実に日常生活に支障をきたしてしまいます。早期のうちに、必ず専門機関に通院しましょう。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL