スタッフブログ

2014年8月29日 金曜日

交通事故での通院交通費

交通事故で病院や整骨院までの通院交通費は認められるのでしょうか?

1. 被害者本人の場合
 交通事故に関する本には、「症状などによりタクシー利用が相当とされる場合以外は電車、バスの料金。自家用車を利用した場合は実費相当額。」としています。例えば、軽い打撲や切創等で通院する場合、タクシーを利用してもタクシー代全額が認められるわけではありません。
 
判例を整理してみると、タクシー代を認めたものとして
①事故直後の急性期
②負傷部位が歩行困難を伴うもの
③公衆の目に触れることが被害者様にとって著しい精神的苦痛となるような症状の場合 ④ほかに代替交通機関がないとき
⑤時間活用の為の利用
⑥被害者様の年齢・症状から公共交通機関の利用は不可能ではないが、利用の時間帯によって混雑などで通院が著しく困難であるとき等があげられます。

また、「自家用車を利用した場合は実費相当額」の具体的内容については
①ガソリン代
②高速道路料金
③駐車場料金
等が認められています。

2. 付添人の場合
 被害者様の付添いの為に近親者が支出した交通費、宿泊費も損害として認められることがあります。とある本には「看護の為の近親者の交通費も被害者本人の損害と認められる」としています。

判例が付添人の交通費、宿泊費を認めたものを整理してみると
①被害者様の症状が重篤である
②被害者様のもとへ行くまでの距離が離れている
③被害者様が年少者である
という形に集約されるようです。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年8月28日 木曜日

自転車の傘さし運転!

こんにちは。もう8月も終盤になってきて楽しかった夏休みも終わりが近づいてきましたね(><)
最近は少し肌寒くて、雨が続いていますが皆さん自転車の傘さし運転はしていませんか?
私は、先日傘さし運転をして見事に転んでしまいました。。
幸い怪我は少なかったですが、傘さし運転こわいです!!

今回はそんな傘さし運転についてのお話です。

東京都の場合、傘をさしながらの運転が禁止されています
また、傘をさしながら以外にも、物を担ぎながら、物を持ちながらなど、安定を失うなどの恐れがある方法での運転を行うことが禁止されています。
なお、手に物を持った状態であっても、安定を失うなどの恐れがなければ、禁止されている運転には該当しません。
そのため、例えば飲み物のボトルを一時的に手にするなどといった程度であれば、行っても差し支えないでしょう。

また携帯電話を手に持って通話しながらの運転や、携帯電話の画面を見ながら(注視しながら)の運転が、禁止されています。
通話しながらの運転については、禁止されているのは携帯電話を「手に持って」通話しながらの運転であるため、ハンズフリーを用いての通話については、通話しながらの運転であっても問題ないです。
なお、赤信号による停止を含め、停止中の携帯電話の使用については、道路交通法で自動車・原付の停止中の通話が許容されていることから、自転車についても同様に許容されるものと解されています。


罰則
公安委員会遵守事項違反
・傘を差しながらなど視野を妨げ、または安定を失う恐れのある方法で運転した場合
・携帯電話を手に持って通話しながら、または画面を注視しながら運転をした場合
・交通に関する音が聞こえないほど大音量で音楽等を聞きながら運転をした場合
5万円以下の罰金(過失罰なし)


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年8月22日 金曜日

損保会社が治療費を支払わない場合

一括請求で保険会社が色々な条件をつけてきて支払わないことがあるそうですが、どうしたらいいのでしょうか。

一括請求で保険会社に請求しても、いろいろ条件をつけて支払をしてこない時は、金額が大きくても本人に請求するしかありません。
一部の地域では、保険会社の対応が悪いので一括請求はほとんど受け付けてないところもあります。
この場合は、毎日現金で支払ってもらうか、被害者請求で委任を出してもらい医療機関が代理で請求します。
また、東京の私立系の大学病院では、毎週、本人に治療費を請求して現金で支払わせるところもあります。

保険会社が支払をしてこない時は、直ちに本人に請求し現金で支払ってもらうところもあります。
支払が遅れるときは、日歩で利子をつけて請求するほど厳しくしているようですが、その結果逆に保険会社はスムーズに支払ってくるようになるとの報告もあるそうです。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年8月22日 金曜日

[2014年上半期] 交通死者数、交通自件数、交通違反取締り件数

お盆休みも終わり、日常に戻られている方が多いと思いますが、お盆休み中も事故なく、有意義な時間をお過ごしいただけたでしょうか?お盆休みのような期間は特に交通事故も増加傾向にあります。さて、道路交通法違反取り締まり状況に関して、2014年上半期 (1〜6月)分が警察庁から発表されていますので、ここで少しご紹介させていただきます。
交通事故発生件数は前年同期比8.5%減の27万7591件ということです。死者数は同3.9%減の1,925人と、2期ぶりに減少。負傷者数も同 8.9%減の34万2656人でした。死者数を年齢層別によると、65歳以上の高齢者が994人と全体の51.6%を占め、同4.8%減。死者数の状態別 では、歩行中が最も多く697人で全体の36.2%を占めています。
さて、ここで私たちが気になるのがシートベルトの着用率です。自動車乗車中の死者数のうち、シートベルト着用は50.8%、非着用が45.9%となっています。また、都道府県別死者数のワースト3は次の通りです。
1. 愛知県
2. 神奈川県
3. 千葉県
原付以上の運転者の飲酒運転による死亡事故は120件、同11.1%減。道路交通法違反取締り状況によると、件数は7.0%減の36万6391件と減少。点数告知は同12.6%減の72万4673件、駐車違反は同8.9%減の7万6897件でした。
中でも、違反内容別で増加したのは「歩行者妨害」「一時不停止」「積載方法」だったそうです。私たちも常日頃から気をつけてはおりますが、2014年上半期のデータを見つめながら、改めて交通安全を心掛けてまいりたいと思います。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2014年8月11日 月曜日

台風の時の保険

今年の夏も台風が多く、それによる被害も大きいですね。特に西日本は川が増水し学校の2階近くまで水が来た場所もあるみたいです。台風の影響で事故も増えますがその場合の保険や補償はどうなのか。
(1)対人賠償責任・対物賠償責任・無保険者傷害
台風により発生した事故に対しては、補償されません。突風により運転不能となったり、駐車中の車が洪水で流されたりしたこと等、台風を原因とする対人・対物被害は、不可抗力として運転者や所有者に法律上の賠償責任が発生しないことが理由です。
但し、台風の最中に単に運転を誤って人をひいてしまった場合等、運転者や所有者に法的責任がある場合は補償されます。
(2)車両保険
洪水で車が水没したり、突風で車が横転してしまったり等、台風により発生した損害は補償されます。車両保険の契約内容が、「一般条件」または「車対車A」いずれの場合も補償が受けられます。
(3)人身傷害補償・搭乗者傷害・自損事故傷害
車の運行に起因している等の一定の条件を満たしていれば、台風による事故でも補償されます。
台風など天気の悪い日は普段よりも気をつけて運転するように心がけましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープ
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL