スタッフブログ

2015年4月17日 金曜日

居眠り運転

春の陽気のせいか最近、眠気に襲われそうです
皆さんは大丈夫でしょうか?笑
とういうことで今回は居眠り運転についてです。


居眠り運転と前日の睡眠時間との関係
「急な仕事が舞い込んで残業することになった」「同僚たちと話がはずんで帰宅が遅くなってしまった」等、就寝時間が遅くなることは珍しくありません。その結果、翌日の運転では眠く感じることがあります。では、前日の睡眠時間がどのくらいになると、居眠り運転による事故が起きやすくなるのでしょうか。

公益財団法人交通事故総合分析センターでは、1996年~2006年までの10年間に起きた約2,000件(前日の睡眠時間が12時間以下)の交通事故の中から、100件ほどの居眠り運転が原因のひとつになった事故を抽出し、居眠り運転事故の特徴を分析しました。それによると、前日の睡眠時間が4 時間以下になると、居眠り運転事故の発生率が急上昇することがわかります。

また、2006年に厚生労働省が行なったトラックドライバーを対象にした「過労運転等による交通労働災害防止に係る調査研究」によると、睡眠時間が5時間未満のトラックドライバーは、5時間以上のドライバーに比べてヒヤリ・ハット体 験が2.3倍も多く、睡眠不足が事故を起こす可能性を高めていることがわかります。

居眠り運転は飲酒運転とよく似ている
もし「目隠しをして車を運転してく ださい」といわれても、とても怖くて運転できないでしょう。しかし、居眠り運転は、「怖い」「危ない」という意識がないために、目隠し運転より事故を起こす危険性が高くなると考えられます。 居眠り運転では、1 運転がふらつき、2 走行車線を維持することが難しく、3 中央線を越えたり、路外逸脱したりすることにより、被害が大きい事故につながりやすくなります。
また、4 速度のコントロールも難しくなり、5 反応時間が遅れ、6 ブレーキも遅れ、7 危険の回避行動がとれなくなります。

この運転状態は、飲酒運転とよく似た状態といえます。
お酒を飲んでの運転は、危険であり、事故が起きた場合は甚大な被害を及ぼします。また、ドライバーにお酒を提供した人まで罪に問われます(飲酒運転ほう助罪)。居眠り運転は、この飲酒運転とよく似た状態であるため、同じくらい危険であることを覚えておきましょう。

居眠り運転を防止するために
居眠り運転を防止するために、次のようなことに注意して運転しましょう。
• 1.人の睡眠には12時間周期と24時間周期のリズムがあります。午後2時前後、深夜2時前後は、とくに眠気が生じる時間帯といわれています。
• 2.眠気を感じたら、休憩・仮眠をとりましょう。仮眠は15~30分以内を目安にしましょう。眠り過ぎは、起きた後かえって眠気がとれないこともあります。
• 3.仮眠明けは、必ず車外に出て、身体を動かし外の空気を吸いましょう。起きてすぐに運転することは、目が覚めていない状態で運転することになるので危険です。
• 4.カフェインを摂取できる場合は、眠くなりそうな段階でコーヒーや紅茶などを一杯程度摂取しましょう。カフェインの効果が現れるのは、摂取してから30分後くらいです。
• 5.ガム等を噛んだり、声を出したりしましょう。アゴの運動は、大脳全体の覚醒レベルをつかさどる「脳幹網様体」という部位に直接信号を送るため、脳の覚醒を促します。

まずは、日頃の体調管理、規則的な生活リズムを意識することから始めましょう。翌日に運転する時は、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年4月16日 木曜日

命を守るシートベルト

・すべての座席でシートベルトを着用しなければなりません。
・後部座席については、高速道路(高速自動車国道又は自動車専用道路)での違反は、行政処分の基礎点数1点が付されます。
・シートベルト非着用による被害の拡大は被害者の過失とされるため、被害者であっても、損害賠償等の場面で十分な補償が受けられなくなる可能性があります。

[後部座席シートベルトを着用しましょう!]
後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、
・自分自身の大きな被害
・車外放出
・前席同乗者への加害
などの危険性があります。
後部座席でのシートベルトの着用は、自分自身だけではなく、同乗している家族や友達の大切な「命」を守ります。
車に乗ったら前席も後席もシートベルト(6歳未満はチャイルドシート)を着用しましょう。

[後部座席シートベルト非着用の危険性]
1. 車内で全身を強打する可能性があります。
事故の衝撃で、あなたはすさまじい力で前席や天井、ドア等にたたきつけられることになります。仮に、時速60kmで進んでいる車が壁等に激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃を受けます。
2. 車外に放り出される可能性があります。
衝突の勢いが激しい場合、後席から車外に放り出されることがあります。車外に放り出されると、堅いアスファルトに体をぶつけたり、後続車両にひかれることで、最悪の場合は命を落としてしまいます。
3. 前席の人が被害を受ける可能性があります。
衝突の勢いで後席の人が前方に投げ出されると、前席の人はシートとエアバッグで挟まれ、頭に大けがをすることなどにより、命を奪われることもあります。後席の人がきちんとシートベルトを着用することは、前席の人の命を守ることにも繋がっています。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折、
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年4月10日 金曜日

新学期です。子供に注意!

桜も散り、お子様は春休みが終わり新学期に突入ですね(^v^)
ご入学された方おめでとうございます!
新しい環境に胸を弾ませるのはわかりますが、そんな時こそ車に注意です!

最近の交通事故のニュースを見ていると、未就学児童や小学校低学年の児童が犠牲になる事故が目につきます。
この時期は気候も暖かくなり、子どもたちも路上で遊ぶ機会の多くなりますので、ドライバーとしては十分な注意が必要です。
子どもが犠牲となる交通事故を分析してみますと、次のような特徴があります。

①15時以降の夕方の時間帯で自宅から500m以内の場所が多い
自宅付近の路上で遊んでいたり、遊びに行く途中に事故に遭うケースが多く見られます。

②子どもの事故要因は「飛出し」や「横断違反」が多い
横断違反は、単路や交差点ともに横断歩道外横断中の事故が多く発生しています。

③子どもの自転車は「飛出し」が多い
交差点で安全確認や一時停止をせずに飛び出してくることが多い

こうしたことから考えると、夕方の時間帯に住宅街を通行するときには、十分な気配りが必要なことがわかります。
スピードを十分に落とすととともに、見通しの悪い交差点からの自転車の飛出しや、駐車車両などの死角からの飛出しなど十分に注意して運転してください。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折、
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年4月10日 金曜日

高齢者に多い歩行中や運転中での事故原因は?

最近、寒い日が続いて、お天気もあまりよくないようで外に出たくなくなってしまいますね。はやく暖かくなることを望みます(笑)

さて今日は高齢者に多い歩行中や運転中での事故原因についてです。

高齢者が遭いやすい交通事故には、いくつかの特徴がみられます。ここでは、歩行中、運転中に高齢者に多く見られる事故のパターンやその原因について説明します。

歩行中の事故
横断歩道以外の場所の横断や走行車両の直前・直後の横断、横断歩道での信号無視など、事故原因のほとんどが高齢者自身による交通ルール違反となっています。
しかしその背景には、老化による体力や判断力の低下など、個人差はあるものの、高齢者に特有の事情があります。

ケース1:横断途中で信号が「赤」に・・・
「青」信号で横断歩道を渡り始めたのに途中で「赤」に変わってしまい、事故に遭ってしまうケースです。高齢者本人は信号が青のうちに渡りきれるつもりですが、実際に歩く速度は本人が思っているよりも遅く、時間がかかってしまうためです。

ケース2:後から現れた車に気を取られて・・
道路を横断しようとしたときに、
1. 左から来る車に気づいて一度立ち止まる

2. 路地(右)から来た別の車にビックリ

3. 2の車が通過したのに安心し、1の車を忘れる。

4. 道路を渡ってしまい、1の車にひかれる

高齢になると身体の衰えだけでなく、情報を処理する力も落ちることから、このような事故に巻き込まれやすくなっています。
なお、高齢者の交通事故のうち約半数は自宅から半径500メートル以内という身近な場所で起こっています。最近ではカーナビなどの普及によって、道幅の狭い生活道路でも抜け道として利用する車も増えているため、「慣れている道だから」「今まで危ないことはなかったから」という油断は禁物です。

運転中での事故
高齢ドライバーによる死亡事故の主な原因として、アクセルとブレーキの踏み間違いなどの「運転操作不適※1」や、「漫然運転※2」「安全不確認」があります。

ほかにも警察庁によると、重大事故につながる高速道路での逆走は、7割以上が高齢ドライバーとなっています(平成22年8月~平成24年9月までの2年間)。

運転歴何十年というベテランが多いにもかかわらず、高齢ドライバーが事故を起こしてしまうのは、歩行者のケースと同じく、止まれると思ったポイントで停車できない、一つの事象にとらわれ、ほかの情報を見逃すなど「意識と行動のミスマッチ」や慣れが影響しています。

※1運転操作不適・・・アクセルとブレーキの踏み間違い、ハンドル操作の誤りなど
※2漫然運転・・・相手の自動車や歩行者を発見しても「~しないだろう」と思い、気にせず漫然と運転するなど


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年4月 3日 金曜日

事故が起きた時の加害者の同乗者の精神的負担

桜が少しずつ散り始めてきましたね。
今日は私の知り合いから聞いた事故による同乗者へのことです。

事故が起きた時というのは加害者、被害者のかたがたはもちろんですが、加害者の車に乗っていた方々にも精神的なダメージがあります。

最近、知り合いから聞いた話なんですが、お友達(知り合いの)が助手席に乗っていて交差点を左折している時に、原付バイクが車にぶつかったそうです。

幸い、バイクに乗っていた方は無傷でその後も体が痛くなったりということがなかったそうなんですが、そのお友達の方が事故が起きた時から精神的にやられてしまい、「相手の方が無事でよかった」、「怖かった」とその時のことが頭から離れなかったそうです。

運転される方は事故を起こしたら自分や相手だけでなく一緒に乗っていた人にも苦しみを与えてしまう事を忘れない様にしましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院 
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL