スタッフブログ

2015年12月25日 金曜日

車両保険の免責金額と自動車保険の免責

今年もあと数日ですね。皆様はやり残していることはありますか?
因みに私はたくさんあります笑

さて今回は車両保険の免責金額と自動車保険の免責についてです。

自動車保険のパンフレットなどを見ていると「免責」という言葉を見かけると思います。免責というのは、保険会社が責任を免れる事を言います。

自動車保険における免責というのは、「保険会社が保険金を支払わなくても良い」ことを指します。具体的には、車両保険で一定金額までは契約者が負担する事や、契約者に重大な過失があるなどの理由で、保険会社が保険金を支払う必要がない状態のことです。

車両保険の免責金額

車両保険では免責金額設定されているのが一般的です。車同士の事故や自損事故で、自分の車の修理が必要になった時に、免責金額分は自己負担しなければなりません。

免責金額を設定することで、保険会社は軽微な事故対応の負担が減り、コストが下がり保険料を安くすることができます。

◦1回目5万円、2回目以降10万円
◦1回目10万円、2回目以降20万円
◦1回目0、2回目以降10万円(免ゼロ特約)


免責金額は入る保険の設定金額によって変わってきますが、1回目の事故と2回目の事故で扱いが変わってくるのが一般的です。免責金額が大きいほど保険料は安くなります。

1回目5万円、2回目以降10万円の契約であれば、1回目の事故の場合は5万円まで、2回目以降の事故の場合は10万円まで契約者が負担しなければなりません。たとえば1回目の事故で修理代が100万円かかった場合は、5万円を自分で支払います。

免責金額を無くすことができる場合もありますが、車対車の事故の場合、相手の対物補償で車を修理することができますし、小さい金額の修理であれば、保険を使わずに自分で支払った方が等級が上がらず得をすることも多いので、1回目5万円、2回目以降10万円ぐらいの免責金額を付けるのが妥当です。

また、「免ゼロ特約」を付けていると、1回目の車対車の事故の場合は、自己負担をゼロにすることができます。当て逃げ事故や単独事故では免責が発生しますが、相手が確認できる事故では事故負担がゼロになります。なお、免ゼロ特約は7等級以上でないと付けられないなどの条件があります。

保険会社が保険金を支払わなくても良いケース

車両保険の免責金額の他にも、保険会社が保険金の支払いを免れるケースがあります。自動車保険の約款に書かれていますので、チェックしてみましょう。

◦飲酒運転、ドラッグ使用など、正常な運転ができない状態での事故
◦無免許運転、免停中の運転など法的に認められていない状態での事故
◦盗難など契約車両の所有者の許可がない状態での事故
◦地震、噴火、津波、暴動、戦争などの予測不能な災害による事故


これらの状態で事故を起こしても、人身傷害補償、搭乗者傷害、車両保険などの自分に対する補償は行われません。なお、不法行為があっても対人賠償や対物賠償などの相手への補償については行われます。加害者に重大な過失があっても被害者は守られるというわけです。

飲酒運転やドラッグ使用、無免許運転などは100%運転者が悪いわけですから、その状態で起きた事故では運転者を守る必要はありません。飲酒運転は罰則が厳しくなったことで減少傾向にありますが、運転に自信がある人でも事故を起こしてしまうのがお酒の怖い所です。

地震、噴火、津波などの自然災害による事故の場合、車両保険に加入していても補償されませんが、「地震・噴火・津波危険補償特約」を付けていれば補償されます。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年12月18日 金曜日

夜間はライトを点灯しましょう!

昨日から気温が下がりいよいよ本格的な冬が到来という感じになってきましたね。
ますます布団からでるのが辛くなってきました笑

さて今回は自転車のライトの点灯についてです。

【早めにライトの点灯を!】

最近、夜に自転車のライトを点灯させずに走っている方をみます。みなさん、自転車も車両です。夜はライトを必ず点灯してください。また、夏の時期に比べると日が暮れるのが早いこの季節、暗くなり始めたら、ライトを早めに点灯しましょう。
自転車のライトは前方を照らす効果だけでなく、周りの自動車や、歩行者などに自分の存在(自転車が走っていること)を知らせるのに役立っています。

【点滅式ライトだけでは危険です】

最近、点滅式ライトを付けて走っている自転車をよく見かけます。チカチカと明るく点滅している自転車が近づいてくれば、周りに自転車が走っていることを知らせることはできます。しかし、法令では、自転車のライトは前方10メートル先の道路上の障害物が確認できる明るさが必要です。これは自転車のライトが、しっかりと前方を照らせないと、目の前の障害物を避けられず、事故につながる可能性が高いからです。点滅式だけでは危険です。必ず点灯式ライトをつけましょう。

【危険な無灯火運転】

夜間、ライトをつけずに自転車を運転した場合、道路交通法違反により5万円以下の罰金が科せられます。また無灯火運転が原因で相手にケガを負わせたり、死亡させたりした場合、高額の損害賠償を請求されることもあります。

[損害賠償事例]  中学生が夜間、無灯火の自転車で走行中、歩行者と衝突。歩行者には重大な障害が残りました。 (賠償金約3000万円)

自転車も車両です。 交通ルールやマナーを しっかり守りましょう!


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年12月 4日 金曜日

事故回避に向けた気構えと対策徹底を

前回予告した通り今回は事故回避に向けた気構えと対策徹底についてです。
交通事故、重大事故リスクが高まる12月。この時期の運転は、いつも以上に細心の注意を払う必要があります。以下で、特に注意しておきたい、事故回避に向けた対策の一例を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

いつも以上に気を引き締めて運転する

年末はなにかと慌しく、運転時の注意力が散漫になってしまいがち。脇見や漫然運転をしないよう、いつも以上に気を引き締め、落ち着いてハンドルを握るよう心掛けましょう。例えば、家族や友人と旅行に出掛けるとき、おしゃべりや後部座席に気を取られたりしませんか?また、冬休みに入ると普段見かけない時間帯に子供が路上で遊んでいることも。普段走り慣れた道でも、急に子供が道路に飛び出してくるかも知れません。周囲への注意を怠らず、安全運転を徹底しましょう。

車の冬支度を整える

降雪地域にお住まいの場合はもちろんですが、降雪・積雪が予想される地域で車を運転する予定がある場合は、スタッドレスタイヤに交換しておく、タイヤチェーンを準備しておくといった車の冬支度を早めにしておくようにしましょう。準備を整えておけば予期せず雪に見舞われたとしても安心です。また、雪道やアイスバーンを運転するなら、運転方法にも注意が必要です。スリップに備えて車間距離を広めに取るのはもちろん、エンジンブレーキも有効に活用してください。

早めにヘッドライトの点灯を

日没が早まる冬場は、暗くなってきたと感じたら、早めにヘッドライトを点灯するよう徹底しましょう。ドライバー自身の視界を確保することができるほか、歩行者に車の接近を知らせることもでき、事故回避策として有効です。また、暗い山道など見通しの悪い道では、適宜ハイビームライトを使用するといいでしょう。


交通事故、重大事故が多発する年末にかけたこの時期。事故リスクの高さをしっかりと認識した上で、事故回避に向けた十分な気構えと対策の徹底を図ることが大切です。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折、
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2015年12月 3日 木曜日

12月は1年で最も交通事故が多い危険な月

2015年も残すところあとひと月と少し。師走入りが目前に差し迫ってきました。何かと慌しい年末12月は、1年間で最も交通事故の発生件数が多い危険な月だということをご存じでしょうか?
交通事故総合分析センターがまとめた、「交通事故統計年報(平成25年版)」によると、2013年12月の全国の交通事故発生件数は58,711件と年間で最多となっています。

12月に交通事故が多発する要因としては、降雪・路面の凍結によるスリップ事故の増加や、年末帰省ラッシュにともなう交通量の増加などが挙げられます。また、年末の慌しさからつい運転が荒くなってしまったり、年末年始の帰省のために、普段はあまり車を運転しない人がハンドルを握る機会が増え、事故リスクが高まるといったことも一因として考えられます。
車を運転する人は、こういった事故リスクの高さを認識したうえで、ハンドルを握るようにしましょう。

年末に多発する交通事故、特に夜間の重大事故に要注意
12月に多発する交通事故。その特徴として、重大事故につながる危険性が高いということを認識しておきましょう。「交通事故統計年報(平成25年版)」によると、2013年12月の交通事故による死者数は490人に達し、年間で最多であることが示されています。

ではなぜ、12月に発生する交通事故は重大事故につながるリスクが高いのでしょうか?「交通事故統計年報(平成25年版)」を基に、交通事故の発生割合を昼夜別で見てみると、実に7割強が昼間に集中していることがわかります。

しかし、死亡事故の発生件数に限って見ると、昼も夜もほぼ同等の割合となっています。夜間は昼間に比べて、交通事故の発生件数は少ないにもかかわらず、死亡事故の発生割合は高いことがわかります。
夜間に死亡事故が多い原因として、ドライバー、歩行者ともに視界が悪くなるため、人対車両の事故が増加しやすいことなどが指摘されています。冬場12月は、日を追うごとに日没時間が早まり、夜間が長くなる時期なので、重大事故リスクが高まるのかもしれません。

次回は事故回避に向けた気構えと対策について書こうと思います。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL