スタッフブログ

2016年4月15日 金曜日

交通事故による後遺障害

こんばんは。
昨夜、熊本で起きた地震で、改めて地震の怖さを感じましたね。震度7というのは2011年の東日本大震災以来4回目だそうです。
1日も早く復興することを願います。

さて今回は交通事故による後遺障害についてかるく。

交通事故により、死までは至らなかったものの、身体に重大なダメージを負い、日常生活もままならない状態になることを後遺障害といいます。

例えば、車と車の間に挟まり、両足を失ってしまった、首の骨を骨折して、全身麻痺になってしまった、車体の破片が目に刺さり失明してしまった、頭部に強い衝撃を受けて知的障害になってしまった、などです。

後遺障害は自賠責保険の支払対象となりますが、それぞれの障害に応じて、最も重い1級~最も軽い14級まであります。この等級は医師の書いた後遺障害診断書をもとに、自動車保険料率算定会の調査事務所で認定されます。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年4月 8日 金曜日

交通事故によるケガ むち打ち症

こんばんわ。今回は交通事故によるケガのむち打ち症のおさらいです。

むち打ち症とは、首や背中に外力が加わり、首が前後にムチのようにしなる事が原因で生じる首の痛みや肩の痛みのことです。 むち打ち症については以下のようなものがあります。

■頚部捻挫型のむち打ち症・・・頚椎をとりかこんでいる筋肉や靱帯、関節包の損傷で主に頚部、肩、背中の疼痛、運動制限が現れます。

■神経根型のむち打ち症・・・頚椎に歪みができると神経の通り道が狭くなり、頚椎から出る神経が圧迫され、首の痛みや頭痛、腕のしびれ、痛み、だるさ、筋力低下、知覚鈍麻、首や肩の関節の運動制限などが現れます。

■バレ・リュー症候群型のむち打ち症・・・背中を走っている後部交感神経を損傷したり、圧迫を受けると頭に行く血流が低下し、首の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。 また、この三つの症状の混合型も多く見られるようです。



世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年4月 1日 金曜日

交通事故によるケガ(捻挫)

こんにちは。だいぶ桜が咲いてきましたね。皆さんはお花見楽しんでますか?
さて今回は、先々週の続きで交通事故によるケガの捻挫(ねんざ)についてです。

捻挫とは、関節を捻りもしくは伸ばして関節を構成する組織を損傷した状態をいいます。 捻挫に現れる症状については以下のようなものがあります。

■腫脹(腫れ)・・・関節靱帯を損傷し、関節包靱帯の内面の滑膜層に炎症が起こるため腫れが発生します。通常は、徐々にこの腫れが引いていきますが、初期の処置が不十分だと腫れが慢性化し、関節の適合性低下による関節軟骨の変形を生じることもあります。

■内出血・・・関節包靱帯やそれを補強する側副靱帯などが部分断裂を起こすと、その部分より出血を生じ、見た目にも青黒く皮下出血斑が広がっているのが確認できます。また損傷がひどく断裂範囲が広い場合は一部の靱帯が修復されないまま萎縮して消失(変性)してしまうこともあります。

■運動痛・・・捻挫を生じると関節は本来の機能を失い、関節運動時に疼痛が起こります。特に捻挫を生じたときと同じ向きに捻る(もしくは伸ばす)と強い疼痛が起こります。

■圧痛・・・捻挫により損傷した靱帯と一致した部分を指などで押すと痛みが起こります。これを圧痛といいます。この圧痛箇所を触診することにより傷めた関節構成組織や部位の特定ができます。

次回は交通事故によるむち打ちの種類のおさらいです。

世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL