スタッフブログ

2016年8月26日 金曜日

ハイドロプレーニングが起こってしまったら

こんにちは。今回は前回書いたハイドロプレーニング現象の続きです。

ハイドロプレーニングが起こってしまったら
不幸にもハイドロが起こってしまった場合には、水たまりを抜けるまで踏ん張るしかありませんが、以下の行為に注意します。
1.ハンドルを切らない
2.ブレーキを踏まない
3.サイドブレーキを引かない

ハイドロが起こってしまった場合には、基本的にどうすることもできませんので、タイヤが水たまりを抜けて路面を噛むまで、待つしかありません。

なるべく、車体をそのままの状態で維持します。タイヤが浮いている状態だと、ハンドルを切ってもあまり曲がらず、タイヤが路面に設置した瞬間に高速スピンします。

ブレーキを踏むのも要注意で、タイヤが路面に設置した瞬間に急減速し、場合によってはスピンする事になります。

基本的には、長時間タイヤが浮いた状態になることはありませんが、高速道路で数百メートルこの現象が続いたという話もあります。

ハイドロが起きてしまった場合は、とにかく車を安定させて、車が水たまりを通りすぎるのを祈るしかありません。ただ、普通の人は焦ってハンドルを切ったり、ブレーキを踏みスピンするケースが多いと思います。

とにかく、雨天時や道路に水たまりがある時は、スピードを出さないのが一番です。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年8月19日 金曜日

雨天の高速走行はハイドロプレーニング現象による事故に注意

こんにちは。お盆休みはゆっくりされましたか?
私はゆっくり過ごさせていただきました笑

さて、今回はハイドロプレーニング現象についてです。
全て自動車教習所で習うことですが、ハイドロプレーニング現象は、あまり聞きなれない名前なので、憶えている人も多いと思います。

ハイドロプレーニング現象とは
ハイドロプレーニング現象とは、車が高速走行中に、水たまりに侵入し、タイヤが水の上に乗り上げ、路面に接触しなくなり、制御不能な状態になることです。
ハイドロプレーンとは水上飛行機のことで、車が浮いた状態になることから、その名が付けられています。
4輪全て水の上に浮き上がる事は珍しく、一瞬だけで終わることも多いですが、高速道路などで ハイドロプレーニングが起こると、大事故に繋がります。

ハイドロプレーニング現象を起こさないために
タイヤメーカーが行ったアンケートで、「ハイドロプレーニング現象」について聞いた所、約3割の人が、体験したことがあると答えています。
長時間タイヤが浮くことは稀ですが、一瞬、あれ今タイヤが浮いていたなと感じた事がある人は多いと思います。私も何度か経験したことがあります。

ハイドロが起こらないようにするためには、スピードを出さないことが一番ですが、それ以外にもいくつかポイントがあります。

ハイドロプレーニングが起こる原因
1.水たまりの深さ
2.車の速度が出ている
3.タイヤが摩耗している
4.タイヤの空気圧が甘い

道路上の水たまりの深さはどうしようもありませんが、大雨が降っている時や、冠水しやすい道路は注意したいですね。
その他の2~4については、自分でコントロールすることができます。

水たまりが深くても、車のスピードが出ていなければ、基本的にハイドロは起こりません。雨が降る中でスピードを出した時に起こりやすいです。
タイヤの溝が減っている時や、空気圧が規定より少ない時に起こりやすくなります。スリップサインが出た時には、タイヤ交換しましょう。溝があっても経年劣化が激しい時は交換したいですね。

タイヤの空気圧は、定期的にガソリンスタンドなどでチェックします。適性な空気圧は、車によって異なります。多すぎても少なすぎても駄目ですので注意しましょう。
特に高速道路を走る時には、高速に乗る前に必ず溝と空気圧をチェックしておきたいですね。雨天の高速走行は、ハイドロが起きやすい条件が整います。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年8月10日 水曜日

休診のお知らせ

8月12~15日まで休診とさせて頂きます。
8月16日より通常通り診療いたします。

明日、11日山の日は通常通り診療いたします。

世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年8月 5日 金曜日

自転車の荷物満載、傘差し運転の危険性とは?

自転車の違反に対する法律は?
自転車は軽車両であるため公道を走行する場合は、「道路交通法」を順守しなければなりません。2015年6月1日、改正道路交通法が施行されましたが、自転車の違反に対する規定が厳しくなりました。具体的には自転車の運転に関して、信号無視などあらかじめ定められた危険行為を繰り返した者が、さらに自転車を運転して交通の危険を生じさせるおそれがあると認めるときは、自転車運転者講習の受講を義務付けることになりました。この受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金となります。

荷物を積載したり子供を乗せたりすると運転にどんな支障がでるの?
自転車は前後2つの車輪で運転者がバランスを保ちながら走らせる乗り物です。したがって、走行時に荷物を満載したり子供を乗せたりした状態では不安定になることから、バランスを取りにくくなり走行に支障をきたす場合があります。

JAFによるユーザーテストでは、自転車の前かごに「お米(7kg)」、ハンドルの両側に「2ℓペットボトルを2本入れた手提げ袋(片側4kg、両側で8kg)」、後席に「子供を想定したダミー人形(8.5kg)」の合計23.5kgの荷重を自転車に掛けて、発進時の安定性や、地面に等間隔で設置したパイロンの間をぬうようにして走る「パイロンスラローム走行」を行ない、運転者のみで運転した場合との違いをテストしました。その結果、荷物などがある場合は、発進時のパイロンスラロームで安定性を欠き、ふらつき走行となる場合が多くみられました。

傘差し運転はどんなところが危険なの?
道路交通法では自転車の携帯電話や傘を差しての片手運転は禁止されていますが、ユーザーテストでは、運転者だけの「通常の運転」であっても片手運転は安定性に欠くことはもちろんのこと、荷物を積載した場合にブレーキ性能が低下することがわかりました。

テストを行なったモニター6名の平均では「通常の運転」と、「荷物の積載と子供を乗せた運転」が2m前後で停止できたのに対して、片手でハンドルを握る「傘差し運転」では、約3mと制動距離は約1.5倍に伸びました(テストはいずれも15km/hからの制動距離を計測)。また、自転車で車道に駐車している車両の右側を通過する際、早めのタイミングで右側に出る人と駐車車両に近づいてから出る人がいるので、道路を共有するドライバーやライダーは、このように駐車車両を避ける自転車の動きに対しても注意しましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL