スタッフブログ

2016年9月23日 金曜日

交通事故の損害賠償の示談交渉で良くあるトラブル

交通事故の損害賠償請求は、9割以上が示談で決まります。裁判になったとしても多くが和解勧告で終わり、裁判で判決になり、どちらかが控訴して、最終的に損害賠償額決まるまでに何年もかかることは稀です。

示談交渉がスムーズに進めば治療が終わりすぐにでも解決ということになりますが、交通事故の損害賠償の示談交渉でトラブルになることは珍しくありません。

最近は被害者と保険会社が示談交渉するのが一般的ですが、保険会社から提示された損害賠償額が低いのに、それに気づかずに示談に応じてしまう人もいます。一度示談に応じるとそれを覆すことはできません。

交通事故の示談トラブル
加害者が保険会社へ連絡せず示談交渉が進まない
事故の際に警察へ届け出をせずに後で後遺症が出る
保険会社を通さずに示談をして損害賠償金額を決めてしまう
保険会社との示談でかなり低い金額で示談に応じてしまう
示談書を作成した時に公正証書にしておらず強制執行の際に裁判が必要になる
示談交渉や裁判が長引き時効の中断をしていなかった為保険金請求権が消滅する
加害者が任意保険に入っておらず支払い能力もなく損害賠償金が受け取れない
加害者が自己破産してしまい事故の損害賠償が免責になる
依頼した弁護士が交通事故に詳しくなく真っ当な賠償金が受け取れない
保険金を加害者が受け取り被害者に渡さずに逃亡する

示談と聞くと事故の当事者同士が、その場で話し合い解決することを想像するかもしれませんが、それは正式な示談とは言いません。その場の話し合いで決まった事も効力はありますが、本来示談が成立した時には示談書を作成します。

事故を警察へ届け出ずその場で示談してしまった場合、後で後遺症が出てもその治療費を請求するのは難しいでしょう。事故証明が無いと保険会社へ請求できませんし、加害者の連絡先を聞いていて加害者へ請求しても支払ってくれるかはわかりません。

最近は自動車保険に保険会社の示談代行が付いていますので、被害者と保険会社との示談交渉になるケースがほとんどです。相手が保険会社の場合、示談交渉がスムーズに進む可能性がありますが、損害賠償額などで揉める可能性もあります。

交通事故では、色々とトラブルの元になるものがありますので、被害者になった場合に、少しでもトラブルの可能性をなくすためにも、事故が起きたら警察へ届け出て、納得がいくまで示談書にはサインしない方が良いでしょう。

示談交渉が上手くいかない場合には、弁護士や交通事故紛争処理センターなどの専門家に相談するのが良いと思います。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院
ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折、
アキュースコープ、ハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院、交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年9月12日 月曜日

休診のお知らせ

日頃ご利用ありがとうございます。誠に勝手ながら9月17日(土)を12時までの受付とさせて頂きます。
また、9月20日(火)を休診とさせて頂き、
9月22日(木)秋分の日を通常通り営業させていただきますのでご了承ください。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL

2016年9月 2日 金曜日

お酒の量とアルコールが抜けるまでの時間

夏休みが終わってしまいましたね。まだ暑い日が続きそうなのでこまめに水分補給はしましょう。

さて、今回はお酒の量とアルコールが抜けるまでの時間についてです。

飲酒運転に対する罰則が厳しくなり飲酒運転する人や事故は減っていますが、今でも飲酒運転で捕まる人は少なくありません。捕まっていない人を含めると飲酒運転している人はまだまだ多いのでしょう。

飲酒運転の罰則と事故を起こした時の違反点数
飲酒運転は、酒酔い運転と酒気帯び運転があり、多くの場合、酒気帯び運転で検挙されています。
酒気帯び運転は、呼気アルコール濃度が0.15~0.25mgなのか、0.25mg以上なのかによって違反点数が変わってきます。0.15mg未満の場合は罰則はありません。

お酒を飲んですぐに運転すれば、かなりの確率で酒気帯びになりますが、前日にお酒を飲み一晩寝てから朝運転しても酒気帯びの基準に達するほどアルコールが残っていることもあります。

お酒の量と呼気アルコール濃度
呼気アルコール濃度=飲酒量×アルコール度数÷167÷体重

この計算式が、基本的な呼気アルコール濃度の計算方法です。実際には、人によって誤差があります。
たとえば、アルコール5%のビール350mlを3缶飲んだ場合は以下のようになります。

350ml × 5.0% × 3本 ÷ 167 ÷ 70kg = 0.45(mg/l)

350ml缶1本であれば酒気帯びで捕まらない可能性もありそうですが、飲んだら運転してはいけません。
呼気アルコール濃度は血中アルコール濃度に比例するため、飲酒検問などでは、呼気アルコール濃度が使われます。

なお、体重70kgの人で1時間あたり5~7gほどのアルコールが分解されます。お酒の強さとアルコールの分解速度は関係ないとされており、基本的には体重が多い人ほど分解速度が早くなります。

アルコールが抜けるまでの時間
呼気ではなく血中アルコール濃度ですが、アルコールが抜けるまでに、缶ビール1本で2時間、2本で4時間半ぐらいかかることがわかります。
体重60kgの男性で、中瓶ビール1本、日本酒1合、焼酎0.6合のアルコールが体内から抜けるまでに約3時間かかるようです。

代謝には個人差がありますので、もっと早く抜ける人もいれば、もっと時間がかかる人もいます。

飲んだ量が多くなれば、当然抜けるまでの時間も長くなります。冒頭の飲酒運転事故では10時間経過した後の運転で酒気帯びと判定されましたが、それぐらいの時間が経過しても0.15mg以上の呼気アルコール濃度になることは十分に考えられます。

自分の感覚として酔いが覚めていると感じるのと、体内にどれくらいアルコールが残っているのかは別物ですので、飲み過ぎた時は気をつけましょう。


世田谷区の深沢、駒沢、等々力、尾山台、中町の整骨院、接骨院

ならむち打ち治療、腰痛、膝痛、捻挫、骨折
アキュースコープハイチャージ治療が、
得意なしかくぼ整骨院交通事故治療院
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 しかくぼ整骨院 | 記事URL