ホーム > 交通事故治療の保険

交通事故治療の保険

事故の被害者の方

交通事故による治療では、相手が加入している自賠責保険を利用しての治療になります。( 治療費につきましては、当院のほうで保険会社に直接請求します。)ですから、窓口での支払いは基本的にありません。
そのため、「むち打ち症」などの専門治療(自由診療)についても、治療費用の負担を気にされることなく、治療に専念していただけます。
「長びく痛み」「二次的障害(肩こり・腰痛など)」にならないためにも、早期治療が大切です。
また、症状や痛みがなくなって完治するまで、しっかりと治療されることをお勧めします。

事故の加害者の方、自損事故の方

加害者の方

交通事故であれば、被害者と加害者が存在します。過失割合が10:0といった事故もありますが、被害者と加害者双方が過失責任を負うものがほとんどでしょう。
そのような性質の交通事故で、過失割合によって加害者となってしまった方も、ご自身や同乗者が大きな外傷を受けるケースが多く見られます。
そして、「加害者」なってしまったために、自賠責保険が適用されないので、治療を受けずに我慢するという方がいらっしゃるということです。

自損事故の方

意外に思われるかもしれませんが、交通事故に遭われた方で3人にひとりくらいは自損事故なのです。
自損事故の場合、ご自身や同乗者がたいへんな怪我をしているのに、「自賠責保険が適用されず、治療費が高額になってしまう・・・」と思い込んでしまい、治療を受けないまま我慢されるという方が多いようです。

加害者の方、そして自損事故の方であっても、交通事故に遭えば怪我をされます。
目には見えなくても、日常では傷めないような部分にダメージを受けていることも少なくなく、そのままで放っておけば、痛みが続いたり、状態によっては機能障害、二次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあるのです。
ですから、放置したり、我慢したりしてはいけません。
早期にきちんとした治療を受け、症状が完治するまで治療されることが大切です。

こうしたことはわかっていても、「通常の健康保険だけでは費用負担も大きく、治療したくても積極的にはできない」と躊躇されておられる方も多くいらっしゃるようです。
ぜひ、一度ご自信が加入されている自動車保険(任意保険)をご確認ください。
とくに、加害者の方、自損事故の方の治療についての補償は、「人身傷害」と呼ばれる保険になります。
この保険の「補償範囲」「支払い対象となる損害」を確認してみてください。

「人身傷害」とは、被保険者が契約中の自動車やほかの自動車に乗っているとき、あるいは歩行中などに、自動車事故等によって亡くなる、または身体に障害や後遺傷害を負ったときに、保険金(保険会社の算定基準がベース)が支払われることになる保険のことです。(こうした「人身傷害」のみを利用する事故は「ノーカウント事故」として処理されます。この場合、保険の等級が下がることはありませんが、加入されている保険会社に必ずお問合せください。)

交通事故治療の慰謝料

交通事故

 交通事故になってしまい、被害者側の精神的苦痛(心の負担など)の損害ととらえ、それに対する金銭での償いを賠償することを慰謝料と呼びます。

 交通事故が原因の治療では、基本的には自賠責保険や任意保険が活用できます。治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料、全てが自賠責保険及び任意保険で全て支払われるので、患者様は基本負担する費用はありません。

相手側が保険に入っておらず、ひき逃げに遭った場合にでも、特別な保証制度が適用されます。詳しくは当院にご相談下さい。

交通事故の補償(慰謝料含む)の限度額と種類
障害による損害 被害者1名につき、1日4,200円、最大120万円
傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。
後遺症による損害 被害者1名につき、最大4,000万円 (要常時介護 第1級)
後遺障害による損害は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。
死亡による損害 被害者1名につき、最大3,000万円
死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。