ホーム > むち打ちの症状

むち打ちの症状

むち打ちの症状

交通事故の場合、とくに追突事故などで全身に強い衝撃が加わってしまうと、頭は胴体とは別の方向に動いてしまいます。
このときの動きは、まるで鞭を振ってしなるときのようなS字形となり、このことで首のあたりを傷めてしまい、さまざまな症状となってあらわれます。
一般に「頸椎捻挫」といわれますが、この症状がすべて「むち打ち症」と呼ばれるものです。

「むち打ち症」については、交通事故に遭ったその日に、症状が出ることはほとんどないようです。
そして、事故の翌日くらいから いろいろな症状があらわれることが多いようです。
あらわれる症状は、たとえば首や背中の痛み、肩のこりや痛み、 そして耳鳴りや頭痛といったものもあります。
また、めまいや吐き気、食欲不振といった、精神的な不安によると思われがちな症状であらわれることもあります。
そして、これらの症状があらわれても、その多くは医学的に診断のつくものは少ないようです。
「むち打ち症」は靭帯(じんたい)や関節包、筋肉などに障害が出るので、外見やレントゲンでは、傷めているところを特定するのは難しいのです。

妊娠中、産後の方

妊娠中に交通事故に遭われる方もおられます。
妊娠中は、レントゲンを撮るにしても、薬を飲むにしても、いろいろな制限があり、治療はとても限られたものになります。
こういった方にも、当院では、トムソンベッドという身体に負担をかけにくい特殊なベッドを使ってのカイロプラティクスによる治療をはじめ、いくつかの治療ができます。

妊娠中の治療については、病院によっては治療に積極的でないところもあるようです。
また、湿布や投薬などの処方が難しいと、治療らしい治療を受けらないまま、痛みや症状を我慢されている方も少なくありません。
整形外科などで「我慢するよう」に言われることもあるようですが、放っておいてよいはずがありません。
お腹の赤ちゃんのためにも、負担の少ない施術で治療しましょう。ぜひ一度、当院にご相談下さい!

また、産後の女性の身体もとてもデリケートな状態です。
妊娠中に比べると、治療法の制限は少なくなりますが、できるだけ産後の身体に負担の少ない治療法が必要でしょう。
産後すぐであれば、骨盤などはとくに負担がかかっていたために、歪みなどの異常がある状態です。
治療としてはもちろんですが、「骨盤矯正」の治療を受けられるのは、産後の身体を整えるためにもとても有効です。

産後に交通事故に遭われた方も、少しでも早く治療を受けられることが大切です。
産後は、体調もなかなか回復せず、慣れない育児のストレスもあり、メンタル面でも弱られている方が多いので、しっかりとお話を聞かせていただいた上で、治療を進めていきますので、ご安心ください。
生まれたばかりの赤ちゃんのためにも、お母さんの身体の回復は大事なことです。

無料施術体験会

無料施術体験会
予約受付中!

しかくぼ整骨院ではむち打ち症の様々な症状で悩んでいる方向けに無料での施術体験を行っております。
事故の後遺症がなかなか治らない方や交通事故治療について不安な方は一度、ご来院下さい。
ご自身の体に合うのか是非お試し下さい!

※交通事故証明書をお持ちいただくか、ご来院の際に担当の保険会社をお伝え下さい。